メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アインHD/4月期はアインズ&トルペ事業が黒字化

2018年06月05日決算

アインホールディングスが6月5日に発表した2018年4月期決算は、売上高2683億8500万円(前年同期比8.2%増)、営業利益196億2200万円(34.7%増)、経常利益201億2900万円(33.5%増)、当期利益105億6700万円(32.9%増)となった。

ファーマシー事業の売上高は、2386億4500万円(7.6%増)、営業利益は226億6800万円(18.6%増)と増収増益となった。

出店状況は、M&Aを含め、グループ全体で合計36店を出店し、73店の閉店により、グループにおける薬局総数は1029店となった。

<アインズ&トルペの店舗>
アインズ&トルペの店舗

リテール事業の売上高は、241億1700万円(12.8%増)、営業利益は6億5700万円(前期は8億6600万円の営業損失)となった。

出店状況は、アインズ&トルペ小田急百貨店町田店(東京都町田市)、丸井吉祥寺店(東京都武蔵野市)、グランエミオ所沢店(埼玉県所沢市)、アインズグランエミオ所沢店(埼玉県所沢市)を出店し、8店を閉店したことで、コスメ&ドラッグストア総数は48店となった。

コスメ&ドラッグ事業は、同業間による同質化競争、業種間を超えた統合・再編による競合により、なおも厳しい市場環境が続いた。

このような環境において、コスメ&ドラッグストア「アインズ&トルペ」の首都圏への出店を継続的に実施するとともに、既存店の改装や関連商品を中心とするMDの強化による集客力向上に努めた結果、既存店売上高は前年を上回って推移した。

「リップス&ヒップス」と「ココデシカ」を始めとするオリジナルブランドの積極的な展開に加え、全般的な仕入れの見直しにより粗利率が向上しており、業務効率化の推進によるコスト低減と相まって、収益は改善した。

来期は、売上高2728億7000万円(1.7%増)、営業利益175億円(10.8%減)、経常利益180億円(10.6%減)、当期利益92億6000万円(12.4%減)の見通し。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方