小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ベルーナ/4~12月、DM・商品の配送料値上げで営業利益9.5%減

ベルーナが1月31日に発表した2019年3月期第3四半期の連結決算は、売上高1335億5500万円(前年同期比9.5%増)、営業利益84億6000万円(9.5%減)、経常利益113億800万円(1.9%減)、純利益71億7700万円(13.7%減)となった。

売上面は、主力4事業(総合通販事業・専門通販事業・店舗販売事業・プロパティ事業)の強化により、増収だった。

利益面はDMや商品の配送料値上げや、ホテル開業に向けた費用の増加などで減益を計上した。

総合通販事業は、配送料値上げなどの影響により、売上高は611億9600万円(0.3%減)、セグメント利益は33億6200万円(11.8%減)。

専門通販事業は、ベストサンクスの事業縮小や配送料値上げなどの影響があったものの、各事業堅調に推移し、売上高362億9400万円(4.5%増)、セグメント利益23億7500万円(44.6%増)。

店舗事業では、天候不順などの影響により売上、営業利益ともに苦戦した。

一方で、さが美グループホールディングスが新たに連結グループに加わったことにより、売上高は192億6000万円(76.5%増)、セグメント利益4億8300万円(45.9%減)。

プロパティ事業は、ホテル事業の売上増加が貢献し、売上高は64億8900万円(33.3%増)、セグメント利益は、新規ホテル開業に向けた費用の増加などにより5億3000万円(24.2%減)。

2019年3月期通期の連結決算は、売上高1800億円(前期比11.3%増)、営業利益150億円(15.3%増)、経常利益155億円(17.0%増)、純利益105億円(8.6%増)を予想している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧