小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

幸楽苑/「新型コロナ」で3月期当期損失6億7700万円に予想修正

決算/2020年05月28日

幸楽苑ホールディングスは5月27日、2020年3月期通期予想の修正を発表した。

2020年3月期通期は、売上高382億3700万円(3月9日発表値より2億3700万円増)、営業利益6億6000万円(6000万円増)、経常利益8億2300万円(2300万円増)、親会社株主に帰属する当期損失6億7700万円(2億7700万円減)を見込む。

減損損失約8億円を計上する見込みであることを公表していたが、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を勘案し、減損損失10億3800万円を計上するため、修正した。

また、同日発表予定だった2020年3月期通期決算は、6月中旬に再延期する。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、監査手続を含む決算業務において、決算数値の確定にさらなる時間を要する見込みとなり、延期するもの。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧