小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ライオン/2016年12月期、売上高、利益とも過去最高目指す

ライオンが2月10日に発表した2015年12月期通期の連結決算は、売上高3786億5900万円(前期比3.1%増)、営業利益163億7400万円(32.0%増)、経常利益180億9900万円(28.7%増)、純利益106億8000万円(44.9%増)となった。

売り上げ面は、一般用消費財事業、産業用品事業の売上高は減収だったが、海外は、タイ、マレーシアなど東南アジア、韓国、中国などの北東アジアにおいて主に消費財事業を展開しており、売上高は、前期比18.4%増加した。

利益面は、一般用消費財事業で高付加価値品の育成に注力したことや原材料価格が低下したこと、海外事業も好調だったため、増益だった。

2016年12月期通期の連結決算は、売上高3900億円(前期比3.0%増)、営業利益180億円(9.9%増)、経常利益190億円(5.0%増)、純利益110億円(3.0%増)と、売上高、利益とも過去最高を見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧