メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

オンワード樫山/円安で秋冬物から価格改定を検討

2013年04月08日商品経営

オンワード樫山は2013年秋冬商品から、円安に伴う価格改定を検討する。

4月8日、都内で開いたオンワードホールディングスの決算説明会で、馬場昭典オンワード樫山社長が明らかにした。

馬場社長は「想定以上に円安が進んでいるのは事実で、コストアップの全てを吸収できない。ただ、単純に上代に上乗せし、お客様に負担を求める考えはない。春夏物は価格を変えていないが、秋冬物から価格を考えていく」と語った。

円安の影響で、単純に価格に転嫁すると、例えば、1万4000円のシャツが1万6000円、5万9000円のコートが、7万9000円~8万9000円程度になるという。

馬場社長は「例えば、1万円価格が上がったとしても、それに伴う品質を向上させ、お客様の負担を軽減していきたい」という。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方