小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

伊藤忠商事/米「ワイルドシングス」の独占輸入販売権を取得

商品経営/2016年01月05日

伊藤忠商事は1月5日、アメリカのWILD THINGS LLC(ワイルドシングス社)と、日本市場における「ワイルドシングス(WILD THINGS)」ブランドの独占輸入販売権とマスターライセンス権に関する契約を締結したと発表した。

<ブランドロゴ>
ブランドロゴ

2016秋冬シーズンから本格展開を開始する。アウトドアに精通した30~40代の男女をターゲットに、アパレルに関しては「インス」、バッグに関しては「ジェイ・ケイ・ブイ・ジャパン」の多様な販路を活用しながら、5年後には小売上代ベースで売上20億円を目指す。

「ワイルドシングス」ブランドは、女性として初めてアンデス山脈最高峰アコンカグアの登頂に成功した著名なフランス人女性登山家マリー・ミューニエール(Marie Meunier)と米国人登山家のジョン・ボーチャード(John Bouchard)夫妻によって、1981年に創設された。

夫妻は、厳しい自然環境に囲まれ、優れた登山家たちが多く活動するニューハンプシャー州ノースコンウェイを拠点に、登山家として培ってきた知識や経験を活かしながら、「Light is right」をモットーに、数々の本格的な登山用ウェア、グッズのデザイン・開発を行い、「ワイルドシングス」ブランドを名実ともに米国を代表するアウトドアブランドへと成長させた。

新素材の採用にも積極的で、その優れた機能性により、現在でも多くのプロ登山家の支持を集めているほか、防寒性を追求した機能的なウェアや丈夫なラゲージなどが、米国軍隊にも継続的に採用されている。

日本市場では、1988年からインポートを中心に専門店・セレクトショップなどの販路で展開されている。

今回、日本市場における「ワイルドシングス」ブランドのブランディング強化を目指すワイルドシングス社と、将来のアジア展開を視野に付加価値が高く良質なブランドの導入を目指す伊藤忠商事との方向性が合致した事から、契約の締結に至った。

■WILD THINGS
http://www.wildthingsgear.com

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧