小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

小田急商事/「セブンプレミアム」導入、Vマーク商品の取扱いも検討

セブン&アイ・ホールディングスと小田急電鉄、小田急商事は7月5日、業務提携したと発表した。3月に業務提携に向けて基本合意しており、今回、業務提携に至った。

<小田急商事のホームページ>
小田急商事のホームページ

提携に伴い、食品スーパーOdakyu OXや駅構内売店を運営する小田急商事は、セブン&アイのプライベートブランド商品「セブンプレミアム」などを各店舗へ導入する。

セブンプレミアムの導入時期やアイテム数、現在、取り扱っている八社会のプライベートブランド商品「Vマーク」の取扱いについては、引き続き協議をするという。

食品スーパー事業については、セブン&アイグループから、SM事業の豊富な経験を有する人材を小田急商事へ派遣する。派遣する人材の職位や部門、人数についても協議をしている。

また、セブン&アイグループの持つオペレーション・教育ノウハウなどの共有、マーチャンダイジングなどの連携も行う。

駅構内売店(Odakyu SHOP)と CVS 業態(Odakyu MART)の、セブン‐イレブンのフランチャイズ店舗への転換は、基本合意どおりに実施する。

商品調達では、物流機能の相互活用による効率化とコスト低減を検討するという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

PR記事

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧