メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

キリン/今年収穫の生ホップ使用「一番搾り とれたてホップ生ビール」

2018年07月26日商品

キリンビールは10月23日、国内最大級のホップ産地であるビールの里・岩手県遠野市で今年収穫したばかりの生ホップを急速凍結して使用する「一番搾り とれたてホップ生ビール」(オープン価格)を数量限定で発売する。

<一番搾り とれたてホップ生ビール>
一番搾り とれたてホップ生ビール

今年で発売15年目を迎える「一番搾り とれたてホップ生ビール」は、麦のおいしいところだけを搾る「一番搾り製法」が生み出す上品な麦のうまみをベースに、フレッシュなホップのおいしさが感じられる、調和のとれた飲みやすい味わいが特長。

ビールづくりにおいて、ホップは収穫後、品質を保つため乾燥させて使用するのが一般的だが、同商品では水分が含まれている状態のとれたてのホップを生のまま凍結し、細かく砕いて使用する特許技術によって、フレッシュなホップの香味が生きているという。

さらに今年は、より「IBUKI(いぶき)」のフレッシュなホップ感が引き立つよう、ホップの使用量・投入方法を工夫している。

同社が1963年に遠野市とホップ契約栽培を開始して今年で55年目となる。

国産ホップの生産量が年々減少する中、同社は良質なホップの産地を守るため、遠野市と生産者の皆様、地域の皆様と連携し、ホップ農家の育成支援や、地元の大切な資産であるホップの魅力を活用した地域活性化に取り組んでいる。

アルコール分5%。

内容量は350ml缶、500ml缶、中びん、大びん、7リットル樽、15リットル樽。販売予定数約55万ケース(7000キロリットル、大びん換算)。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月18日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方