小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブン‐イレブン/「おでん」発売開始、つゆに「野菜の旨み」追加

セブン‐イレブン・ジャパンは8日9日、おでんのつゆに野菜の旨みを追加して、鍋の味全体に一層コクと甘みが増した2018年度の「おでん」を発売開始した。

<2018年度の「おでん」>
2018年度の「おでん」

今年の「おでん」は、こだわりのかつおだしと昆布だしのブレンドつゆに、にんじん・玉ねぎを炊きだして抽出した、野菜の旨みを加え、一層コクと甘みが増した、まろやかな味わいとなっている。

1977年から販売を始め、約40年の歴史の中で、野菜の旨みをつゆに加えることは初めて。

また、具材については、1品1品のおいしさを追求するために、具材の製法にもひと手間をかけ、具材への「味しみ」をさらに向上させた。

<全国8種のつゆ>
全国8種のつゆ

具材は、「絹ごし三角厚揚げ」(税込90円)、「味しみ大根」(85円)、「つゆだく白滝」(75円)、「こだわりたまご」(90円)などを用意している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧