小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/累計350万食「重慶飯店監修」弁当・おにぎり・ホット麺

商品/2020年03月09日

ローソンは3月10日、関東甲信越のローソン(約4800店)において、横浜中華街四川料理の老舗「重慶飯店」監修の弁当・おにぎり・ホット麺の合計3品を発売する。

<重慶飯店監修 麻婆炒飯>
麻婆炒飯

ローソンは、本格的な中華料理を味わってもらいたいとの思いから、2018年7月より「重慶飯店」が監修した商品を発売。これまでに14品を発売、30代~40代の男性を中心に好評で(Pontaデータより)、累計約350万食を販売した。

「重慶飯店監修 麻婆炒飯」(税込550円)は、豆板醤、甜麺醤、にんにく、花椒などで炒めた、牛ひき肉と葱を入れた麻婆豆腐と、炒りたまごと葱を入れた炒飯をあわせた。

<重慶飯店監修 中華おこわ>
中華おこわ

「重慶飯店監修 中華おこわ」(160円)は、にんにくと生姜で下味をつけてオーブンで焼き上げた豚肉、椎茸、小えびを混ぜ込み、オイスターソースをベースに味付けした中華ちまき風のおこわに仕上げた。

<重慶飯店監修 担担麺>
担担麺

「重慶飯店監修 担担麺」(550円)は、黒酢を加え酸味をきかせた醤油スープに、胡麻スープ、赤ラー油等を盛りつけ、スープの層となるように仕立てた。細目のストレート麺が良く絡み、スープの香り、旨みを楽しめる。具材には、肉味噌、炒めキャベツ、もやし、ニラ、ザーサイを使用している。

関東甲信越のローソン(約4800店、2020年1月末時点、「ナチュラルローソン」、「ローソンストア100」を除く)限定販売となる。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧