小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

無印良品/プラごみ削減でボトル販売と「給水サービス」開始

商品/2020年06月24日

無印良品を展開する良品計画は7月1日、プラスチックごみを削減する取り組みの一環として、「自分で詰める水のボトル」330ml税込190円を販売するとともに、無印良品の店内に給水機を設置し、店舗での給水サービスを開始する。

<自分で詰める水のボトル>
自分で詰める水のボトル

自然とのより良い関係を目指す無印良品は、地球資源の循環化および廃棄物削減に向け、できることから進めている。今回、プラスチックごみ削減の一環として、無印良品の店内に給水機を設置し、無料の給水サービスをスタートする。

給水機で利用できる飲料水には、水道水を使用している。ペットボトル入りの飲料を新しく買う代わりにマイボトルを持参すれば、誰もが気軽に飲料水を詰めることができる。

店内に給水機を導入し、マイボトルを持参する人が増え、環境、健康について考えるきっかけとなることを目指す。

まずは「無印良品 銀座」や「無印良品 グランフロント大阪」のほか、各地域の拠点となる大型店舗、新店を中心に、113店へ給水機を設置する。順次拡大し、2020年度内には、日本国内約400店への設置を予定している。

7月1日から、自分で繰り返し水を詰め替えることのできるボトルを販売する。無印良品に設置した給水機での利用のほか、自宅やオフィスでも気軽に利用することで、新しいペットボトルを消費することのない「給水」という行為が日々の習慣になることに貢献したい考えだ。

自分で詰める水のボトルは、持ち歩きやすいよう、バッグの中でかさばらず、重くならない飲みきりサイズの330mlとした。繰り返し使用することを考慮してデザインした、飲みやすく洗浄しやすい広口設計を採用した。

発売と合わせて、不要となった「自分で詰める水のボトル」の店頭での回収もスタートする。繰り返し使ってもらうことを想定しているが、新しいボトルへの買い替えの際や万が一破損してしまった場合などは、近くの無印良品で回収。回収した商品はポリエステル原料にリサイクルすることで、プラスチックごみを削減し、石油由来原料の有効活用につなげる。

<ステンレス保温保冷マグ>
ステンレス保温保冷マグ

また、保温性、保冷性に優れた「ステンレス保温保冷マグ」のラインナップに、200mlサイズを追加する。直径が約6cmと持ち運びやすく、誰でも開けやすいサイズとした。

ステンレス保温保冷マグは、真空二重構造により結露の発生を抑えた。既存の350ml、500mlと合わせた3サイズの中から、使う人のライフスタイルや給水の頻度に応じて選ぶことができる。好みのドリンクを入れて楽しむほか、無印良品各店舗の給水サービスでも利用できる。

販売価格は、200ml税込990円、350ml1290円、500ml1,490円。

今回、給水を日常生活に楽しく取り入れてもらうためのツールとして、「水」アプリを開発した。「自分で詰める水のボトル」発売と合わせて、7月1日から、無印良品ネットストア「水」特集ページでダウンロードできる。

アプリでは、自分の給水量や、給水することで削減できるPETボトルの廃棄量およびCO2排出量を可視化する。給水機を設置している無印良品店舗の位置情報のほか、東京都水道局が「Tokyowater Drinking Station」として紹介する、公共施設など都内約700カ所以上の給水スポットを掲載する予定だ。

今後も、各自治体の情報を含めた給水スポット情報の充実を図る。

■無印良品ネットストア「水」特集ページ
https://www.muji.com/jp/ja/stories/food/520171

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧