小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

キユーピー/直火で炙った香ばしいたらこの食感「あえるパスタソース 炙りたらこ」

キユーピーは2月17日、温めずにそのままあえるだけで、手軽にパスタメニューが楽しめる「あえるパスタソース」の「香る」タイプから、直火で炙った香ばしいたらこの食感が楽しめる「炙りたらこ」を発売する。

<あえるパスタソース 炙りたらこ>
あえるパスタソース 炙りたらこ

「香る」タイプのコンセプトは「香り、食感、彩りを楽しみたい大人向けのパスタソース」。ソースの他に、仕上げ用のシーズニングを含んだ乾燥具材を別添している。今回発売する「炙りたらこ」は、魚介のうま味がきいた生たらこ風味の和風ソースが、炙りたらこのトッピングの香ばしさを一層引き立てる。

また、トッピングには粒感の不均一な炙りたらこに海苔と小ねぎを組み合わせ、異なる食感や香りを楽しめる。

「香る」タイプは2014年8月に販売を開始して以来、パスタソースには珍しい創作料理のような新しい味をテーマにラインアップを拡大している。「炙りたらこ」の発売により、主な購買層である40代以上に、シリーズの特長である「香り」を一層訴求していく。

内容量は24.4g×2、参考小売価格が250円(税抜)。販売目標は、2億円(小売ベース/年間換算)。

また、「炙りたらこ」の発売に合わせて「ペースト」タイプ2品をリニューアル。「バジル」はソースに使用するバジル原料の塩味を抑えることで、従来品よりバジルの風味をアップさせた。また、「ペペロンチーノ」はローストしたガーリックの香ばしさをアップさせている。いずれも素材の風味や香りをより楽しめるようにした。

内容量は「バジル」23g×2、「ペペロンチーノ」25g×2。リニューアル2品の販売目標は、4億円(小売ベース/年間換算)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧