小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サントリー「ボス」/「プレボス」第2弾、「レインボーマウンテンブレンド 今月のブレンド」発売

サントリー食品インターナショナルは2月7日、「プレミアムボス リミテッド」の第2弾「限定焙煎 コクと深み」を期間限定で発売する。

<プレミアムボス リミテッド 限定焙煎 コクと深み>
プレミアムボス リミテッド 限定焙煎 コクと深み

きめ細やかな温度管理による極限までの超深煎りを実現すると同時に、ウイスキー熟成に使用した樽材でスモークすることで、芳醇でスモーキーな薫りを封じ込めた「超深煎りスモークロースト微粉砕豆」を新たに加えた。

第1弾と同様に、185g缶市場において増加傾向にある「コーヒー強め」の嗜好に対応し、「プレミアムボス」の特長である「ブラジル最高等級豆」100%の微粉砕コーヒー豆と、「超深煎りスモークロースト」で仕上げた微粉砕コーヒー豆のダブルの微粉砕コーヒー豆を絶妙にブレンドし、さらに進化した味わいを実現しているという。

パッケージは、缶の下部にカットを施し、金と紺のカラーリングで、「プレミアムボス」本体のイメージを踏襲しつつ、高級感や特別感のあるデザインに仕上げた。

内容量は185g、希望小売価格が115円(税別)。

<ボス レインボーマウンテンブレンド 今月のブレンドシリーズ>
ボス レインボーマウンテンブレンド 今月のブレンドシリーズ

また、同日から、「ボス レインボーマウンテンブレンド 今月のブレンドシリーズ」全7品のうち、「No.1」と「No.2」をコンビニエンスストア・交通売店限定で発売する。

「ボス レインボーマウンテンブレンド」は、グアテマラ全国コーヒー協会※1が7つの推奨エリアから厳選し、認証を与えた高級豆(レインボーマウンテン豆)を絶妙にブレンドしたスタンダードタイプの缶コーヒー。2004年の発売以来、「BOSS」の主力商品として、好評を得ている。

185g缶ユーザーは、ヘビーユーザーの構成比が非常に高く、ヘビーユーザーのなかには、日々の気分転換にコンビニエンスストアに行く人も多いという。そこで、コンビニエンスストアで缶コーヒーを購入する際に、缶コーヒーをより一層楽しめるよう、新たに提案する新商品を発売する。

今回、主力商品「ボス レインボーマウンテンブレンド」の特長である7つの認証高級豆それぞれの特長を活かし、発売時期の天候に合わせて設計したブレンドを、2月から12月まで順次展開する。

それぞれ内容量は185g、希望小売価格が115円(税別)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧