メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファミリーマート/ごちむすび「鮭はらみ」「さば」刷新、月替わり商品も発売

2021年10月04日商品

関連キーワード:

ファミリーマートは10月5日、具材にこだわったぜい沢おむすびシリーズ「ごちむすび」で、具材をリニューアルした「ごちむすび 大きな鮭はらみ」(税込198円)と「ごちむすび とろさば」(168円)や月替わり商品などを発売する。

<ごちむすび 大きな鮭はらみ>

「鮭はらみ」と「さば」は、リニューアルで具材のボリュームにこだわり、おいしさを追求した。「ごちむすび 大きな鮭はらみ」では、ファミリーマートで最大量のさけはらみを使用。さけの味を引き立たせる特製しょう油だれを塗ってから炙(あぶ)り焼きすることでうま味が引き立つ香ばしさをプラスした。

<ごちむすび とろさば>

「ごちむすび とろさば」は、脂の乗りがよいさばをぜい沢に使用。塩こうじに昆布だしを加えて熟成させることで、うま味をしっかりと閉じ込め、ふっくらと焼き上げた。北海道では販売しない。

また、新商品として「ごちむすび いくら醤油漬け」(198円)も発売する。

<ごちむすび いくら醤油漬け>

「ごちむすび いくら醤油漬け」は、うま味が強く感じられるこだわりのしょう油でいくらを漬け込み、いくらの1粒1粒にしっかりとしたおいしさが感じられるように仕立てた。北海道では販売を行わない。

一方、月替わり商品では「ごちむすび とりめし」(198円)を発売する。

<ごちむすび とりめし>

「ごちむすび とりめし」では、「はかた地鶏」や「さつま若しゃも」といったブランド地鶏のモモ肉とムネ肉を使用。鶏ガラスープ、チキンエキスを入れて炊き上げた、うま味がたっぷりのご飯と合わせた。

ファミリーマートでは、月替わり商品を、日本各地のうまいものや高級食材、希少食材を使用した毎月の目玉商品として発売していく考え。

今回は、全国農業協同組合連合会(JA全農)との協業の一環で、JA全農が持つ国産農畜産物の全国供給網を活用して「はかた地鶏」や「さつま若しゃも」を具材に使ったおむすびを10月の目玉商品で発売することにした。

「ごちむすび」は、「米」「のり」「具材」にこだわったおむすびシリーズ。米は、最高級のブランド米「魚沼産コシヒカリ」をぜいたく沢にブレンドした「ごちむすび専用米」、のりは、瀬戸内海産の中でも1等級以上の厳選したのり、具材には、高級食材を使用する。なお、米とのりは北海道では一部仕様が異なる。商品は2020年10月の発売以来、販売累計が8800万食(9月30日現在)を突破し、ヒット商品になっているという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方