メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アスクル/事業所向け「新型コロナ感染症に係る医療用抗原検査キット」販売

2021年10月27日商品

アスクルは10月27日、事業所向け(BtoB)通販サービス「ASKUL」において、「新型コロナウイルス感染症に係る医療用抗原検査キット」(医療用抗原検査キット)の販売を全国エリアで開始した。

通常、医療機関のみ購入可能な「医療用抗原検査キット」を一般業種のお客も医療機関同様、ASKULのWEBサイトを通じて購入可能にする取り組み。ただし、アスクルから案内が届き申し込み後、購買前に確認書の提出で検査体制や環境整備等条件をクリアした事業所へのみ販売が可能となる仕組みとなる。

今年8月、政府が学校や職場における抗原検査簡易キットなどを活用した積極的な検査を推奨している。アスクルはこうした現場での検査ニーズに応えるべく、医療機関だけでなく一般業種のお客でも薬機法の承認を得ている「医療用抗原検査キット」が購入できるスキームを確立した。この取り組みにより、お客はASKULのWEBサイトから必要な時に検査キットを手配できるようになる。

今年は長期間多くの地域が緊急事態宣言等の下にあったが、9 月末で全国的に緊急事態宣言が解除されたことで徐々に社会経済活動の再開が見込まれている。政府からは職場や学校などの密になりやすい環境でのクラスター発生に関する対処方針が示され、日本経済団体連合会からも「職場における積極的な検査の実施」が勧告された。これに伴い一般業種の事業者も、医薬品卸売業者等から「医療用抗原検査キット」を入手できる特例措置が講じられた。

従来、医療用の抗原検査キットは医療機関のみが入手可能なものだった。市場に出回る抗原検査キットには、診断を目的とせず研究用と称する「研究用」と、医療機関等での使用が想定されている「医療用」の2種類があるが、今回の措置により、一定の条件をクリアした一般業種の事業者は「医療用抗原検査キット」を購入可能となった。一方で、多くの一般業種の事業者にとって医薬品卸売業者等から直接購入するには、口座開設等手間と時間を要する課題があった。

そうした中、ASKULサービスにおいては医薬品卸売販売業の許可を取得していることに加え、日本全国の一般業種の事業所とのネットワークを持つことから、医療機関のみならず一般業種の事業者を対象に、通常の消耗品注文と同様、医療用の抗原検査キットの販売が実現した。

「医療用抗原検査キット」は厚生労働省が「医療用」として性能を承認したもので、検査した時点での被験者体内の新型コロナウイルス抗原(SARS-CoV-2)の有無を検出する。「医療用抗原検査キット」を職場や学校等で導入する利点として、感染拡大予防策としてより安心感が得られることがあげられる。また、積極的な検査を実施することで万が一結果が陽性であっても、早い段階で確実に医療機関の受診へつなげることができる。

今回販売する「医療用抗原検査キット」は、スワブ(綿棒)を鼻腔に挿入し検体を採取するタイプで、15~30分の間に測定が完了するため、スピーディーな検査が可能となる。通常のアスクルでの商品購入同様、最短翌日に「医療用抗原検査キット」が手元に届く。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方