メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ヤッホーブルーイング/10年ぶり全国向けレギュラー新製品「裏通りのドンダバダ」

2022年03月14日商品

ヤッホーブルーイングは3月22日、新製品「裏通りのドンダバダ」(希望小売価格税込294円、350ml缶)を全国のローソン・ナチュラルローソン・ポプラの酒類取扱店舗で数量限定発売する。

<裏通りのドンダバダ>
裏通りのドンダバダ

2012年に発売した「水曜日のネコ」以来となる、10年ぶりの全国向けに継続して製造する主要ブランド。たる製品の先行提供は、3月14日よりよなよなエール公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」新虎通り店にて、3月15日から「YONA YONA BEER WORKS」各店で販売する。

缶製品は、3月22日よりローソンほか、公式通販サイト「よなよなの里」で先行発売。4月上旬に首都圏・東海・近畿・軽井沢を中心としたエリアで順次発売、今後供給体制が安定し次第、販売エリア・店舗を拡大していく予定だ。

「自分の好きに夢中で生きる」という価値観を、大切にしている人のためのクラフトビールをコンセプトに開発。ターゲットは、嗜好(しこう)性の高いものを好む20代中~後半の男性で、いつまでも自分の好きなことに夢中でいたいと思っている人とした。

ビアスタイル(ビールの種類)は、「フリースタイルベルジャンゴールデンエール」。ベルギー発祥の伝統的なビールを、20~30代の若手醸造家が、既存の概念・製法にとらわれずモダンに再構築した。

伝統的なベルジャンゴールデンエールはホップ香をほとんど感じないビアスタイルだが、「裏通りのドンダバダ」は、爽やかな果実香と軽快なウッド香が混じり合った、ワインのシャルドネを思わせる爽やかな香りが特長。飲みくちはドライで軽快さがありながらも、ほどよいボディー感と少し高めのアルコール度数6.0%で飲みごたえのある仕上がりになっている。

製品のネーミングは、「裏通り」は好きに動かされた夢中でこだわりのある大人が集まる場所、「ドンダバダ」はジャズのスキャット(ダバダダバダなど意味はないけれど響きがよい言葉)から着想した。パッケージは、ルチャリブレの選手(メキシコのプロレス)。メインストリートではない好事家が集う裏通り、そこで自分の好きに夢中になっている人を「ルチャリブレの選手」で表現したという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方