流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ファミリーマート/環境に配慮したカトラリーセット発売

2022年12月01日 11:30 / 商品

ファミリーマートは12月6日、環境に配慮したカトラリーセット「スプーンとフォークとはし」(税込み500円)などサステナブル商品4種類を発売する。

<サステナブル商品4種類を発売>
サステナブル商品4種類を発売

同社は2021年3月から、ファッションデザイナーの落合宏理氏との共同開発で、「いい素材、いい技術、いいデザイン。」のコンセプトを掲げ、靴下や雑貨などを提案する「コンビニエンスウェア」を販売している。今回、「地球環境に良いこと、役に立つことを少しずつでもできることから実行していこう。」という思いを込めて、「コンビニエンスウェア」のデザイナーをつとめる落合宏理氏監修のもと、「コンビニエンスウェア ブルーグリーン」プロジェクトを発足した。

ファミリーマートのコーポレートカラーである青と緑は、地球(海・森)をイメージする色であることから「ブルーグリーン」と命名し、地球環境を思うさまざまな取り組みを実施する。

プロジェクトの第1弾として、2022年4月より施行されたプラスチック資源循環促進法によるファミリーマート店舗でフォークの原則配布取りやめにともない、洗ってくり返し使えるカトラリーセット「スプーンとフォークとはし」(2種類)、コンビニ弁当のサイズにあったエコバッグ「ベントーバッグ」(500円)、シリコーン製の「開いて洗えるストロー」(500円、2本入り)を発売する。

■ファミリーマートの関連記事
ファミリーマート/「コンビニエンスダウン」緊急需要だけではない顧客開拓へ

関連記事

関連カテゴリー

商品 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧