メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アスクル/月額制の家具レンタルサービスを開始

2021年01月07日EC

アスクルは1月7日、事業所向け(BtoB)通販サービス「ASKUL」で、月額料金の支払いのみで本格的なオフィス家具をレンタルできる家具レンタルサービスを開始したと発表した。

ASKULサイト、ソロエルアリーナの利用客を対象に、2020年12月23日から1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)において、オフィスチェア35商品から事業をスタートした。

<家具レンタルサービス>
家具レンタルサービス

新型コロナウイルスの拡大を受けて、新しい生活様式による社会環境が大きく変化した。企業では、テレワークの導入が進み、オフィスの在り方や働き方が大きく変わった。

従来のオフィス勤務と比べてテレワークでは、通勤時間がなくなったことなどを好意的に捉える従業員が多くいる一方で、デスクやチェアなど業務に適した家具が整っておらず、効率が落ちるばかりでなく腰痛などに悩まされるなどの影響が出てしまうという課題があった。

家具レンタルサービスでは、月額料金の支払いのみで、有名オフィス家具メーカーの新品家具を手軽に導入できる。従業員としては、執務に適したオフィス家具を導入することで、テレワーク下での働きやすさが向上し、業務効率アップにもつながる。

一方で、企業としては、初期コストを抑えて導入することが可能となり、働き方改革の促進や従業員の満足度アップが期待できる。

<家具レンタルサービスの特長>
家具レンタルサービスの特長

テレワーク中の従業員宅への個別配送も可能で、多くの従業員を抱える企業でもきめ細やかに対応する。また、オフィスレイアウトの変更などによる一時的な使用や、シェアオフィスでの使用など、ごく少ない数量が必要な場合でも、1脚から利用可能となっている。

レンタル期間中に使用しなくなった場合は、別の従業員宅やオフィスへの移設などにも対応するほか、1年継続利用した商品は、返却あるいは追加料金なしでもらうこともできるなど、利用者の多様なニーズに応えた。

組立や設置希望の場合は別途費用が必要で、1年以内の返却は、別途1脚あたり5000円(税抜)の返品手数料がかかる。月額料金は、1年間継続使用した場合に、通常価格を超えない価格に設定した。12カ月以降は、無償譲渡か返却、またはレンタル継続を選択できる。注文は専用の注文用紙からFAXでのみで受け付ける。

新しい生活様式によりテレワークが急速に普及した一方、自宅での業務環境が整っていないケースも多くみられる。

家具レンタルサービスは、初期コストをかけず、かつ必要な期間だけ従業員の自宅にオフィス家具を手軽に導入でき、業務環境の改善をサポートする。

また、企業はサテライトオフィスや一時的なワークスペース開設の際にも初期コストを抑えて手軽に本格的なオフィス家具が導入できる。

これからも続く働き方改革の推進や従業員の満足度向上にフレキシブルに対応するサービスとして、今後、対象エリアや商品ラインナップを順次拡大する予定だ。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年01月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方