小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東京都/新型コロナウイルス「中小企業支援策」融資や診断士派遣など

行政/2020年03月06日

東京都は3月5日、新型コロナウイルス感染症に対応した中小企業支援策として、「新型コロナウイルス感染症対応緊急融資」を実施すると発表した。

融資対象は、新型コロナウイルス感染症により事業活動に影響を受け、最近3カ月の売上又は今後3カ月の売上見込みが12月以前の直近同期比で5%以上減少している中小企業または組合。

資金使途は、運転資金・設備資金で、融資限度額は2億8000万円(無担保8000万円)。融資期間は、運転資金10年以内(据置期間2年以内)、設備資金15年以内(据置期間3年以内)。融資利率は、融資期間に応じて、1.7%~2.4%以内(責任共有制度対象外の場合は1.5%~2.2%以内)で、信用保証料は、都が全額を補助する。

受付場所は、東京都中小企業制度融資取扱指定金融機関、東京信用保証協会各支店、東京都中小企業団体中央会、都内商工会議所、都内商工会、東京都商工会連合会、公益財団法人東京都中小企業振興公社、東京都各支庁産業課、東京都産業労働局金融部金融課。

■問い合わせ
特別相談窓口
東京都産業労働局金融部金融課
(新宿区西新宿2-8-1都庁第一本庁舎19階北側)
TEL:03-5320-4877(平日9時~17時)

東京都産業労働局金融部

新型コロナウイルス感染症対応緊急融資の案内

そのほか、東京都中小企業振興公社が設置する「新型コロナウイルスに関する特別相談窓口」にて相談を実施した上で、本支援が必要と認められる中小企業に対して、中小企業診断士などの専門家を無料で派遣し、経営改善などに向けたアドバイスを実施する。1社あたり4回まで無料で対応する。

■問い合わせ
東京都中小企業振興公社 総合支援課
新型コロナウイルスに関する特別相談窓口
(千代田区神田佐久間町1-9)
TEL:03-3251-7881(平日9時~17時)

東京都中小企業振興公社

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧