メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

政府/安倍首相「現時点で緊急事態ではない」

2020年03月14日行政

安倍晋三首相は3月14日、新型コロナウイルス感染症に関する記者会見を開催した。安倍首相は、「現時点で緊急事態を宣言する状況ではないと」と述べた。

<会見する安倍首相>
会見する安倍首相
出典:首相官邸ホームページよりキャプチャー

安倍首相は、「新型コロナウイルス感染症に関する特別措置法の改正案が昨日、成立いたしました。これにより、今後、万が一、緊急事態に至ったと判断した場合、この法律に基づいて蔓延の防止と社会機能の維持のため、さまざまな措置をとることが可能となります」と述べた。

また、「あくまで万が一の備えをする。そのための法律であります。さまざまな私権を制限することとなる緊急事態の判断にあたっては、専門家のご意見も伺いながら、慎重な判断を行っていく考えであります」と語った。

その上で、「現時点において、感染者の数はまだ増えています。しかし、急激な増加ではありません。諸外国と比べて我が国では、増加のスピードを抑えられている。これが専門家のみなさんが今週発表した見解です。WHOが今週、パンデミックを宣言しましたが、人口1万人あたりの感染者数を比べると我が国は0.6人にとどまっており、韓国、中国のほかイタリアをはじめ欧州では13カ国、イランなど中東3カ国よりも少ないレベルに抑えることができています。こうした状況を踏まえれば、現時点で緊急事態を宣言する状況ではないと判断しています」と現状認識を明らかにした。

但し、「事態は時々刻々、変化しています。高い緊張感を持って、事態の推移を注視し、国民の命と健康を守るため、必要であれば手続きに則って法律上の措置を実行する考えであります」と続けた。

そして、「前回の会見で述べたように、『1、2週間が急速な拡大に進むか、終息できるかの瀬戸際となる』との専門家の皆さんの見解が示されてから2週間あまりが経過しました。『現時点では、爆発的な感染拡大には進んでおらず、一定程度、持ちこたえているのではないか』というのが専門家の皆さんの評価です」と語った。

その上で、「しかしながら、現状は依然として、警戒を緩めることは、できません。これまでの取り組みについて、専門家の皆さんに分析いただき、その結果が示されるまで、引き続きご協力をいただきますよう、改めてお願いいたします」と述べた。

■感染者の80%は軽症、感染者の4割600人は回復

感染の現状については、「未知の部分が多い新型コロナウイルス感染症でしたが、これまでの対策を進める中で、多くのことが分かってきました。これまでのデータでは、感染が確認されかつ症状のある人の80%が軽症です。重症化した人でも半数ほどの人は回復しています。クルーズ船も含めれば、感染者の4割以上600人の及ぶ方々がすでに、回復し、退院しておられます。他方、お亡くなりになった方は、高齢者の方や基礎疾患のある方に集中しています」と語った。

感染力に関しては、「これまで感染が確認された人のうち約8割の方は、他の人に感染させていません。つまり、人から人へ、次から次に感染が広がるわけではありません。他方で、スポーツジムやライブハウスなど、特定の場所では、集団での感染が確認された事例が報告されています。その共通点は、第一に喚起の悪い密閉空間であったこと、第二に人が密集していたこと、第三に近距離での会話や発声が行われたこと。この3つの条件が、同時の重なった場合です。この3つの条件が重なる場所は、感染リスクが高い。そのことに最大限の警戒をしていただきたい。自らの身を守る行動を取って頂くよう、改めてお願いいたします。言い換えれば、これら3つの条件が重なるような場を避ける、もしくは、できるだけ同時に、重ならないように、対策を講じることで、感染のリスクを下げることが可能です」と説明した。

新型コロナウイルス感染症に関する記者会見

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月10日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方