小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アダストリア/「スマート DB」導入、稟議・決裁の電子化で働き方改革

ドリーム・アーツは3月26日、アダストリアに、業務標準化を推進するBPM型Webデータベース「ひびきRSm@rtDB(以下:スマートDB)」を導入したと発表した。

<ひびきRSm@rtDB イメージ>

アダストリアは、国内外に多数の拠点を持つため、場所に縛られず経営の意思決定を迅速に行うことが求められていた。重要な意思決定を速やかに行うため、紙で行っていた稟議・決裁業務の電子化が必要と考え、本部の約350名が利用するシステムとして、ドリーム・アーツの「スマート DB」を導入。

「スマートDB」は、外出先からでもスマートデバイスを使って上申内容を確認・意思決定ができるため、導入前に比べ半分以下の時間で最終承認が得られるようになった。

紙申請による手間やコストがなくなったことに加え、過去の申請履歴や進捗状況も簡単に把握できるようになったという。

2018年3月からは、ブランドの販促物制作管理システムの試験運用を皮切りに、店舗の申請業務への展開も予定している。

「ひびきRSm@rtDB」は、大規模組織のあらゆるビジネス現場で、情報の管理・統制と抜群の使いやすさを両立する BPM型Webデータベース。

きめ細やかなアクセス権限設定で高度なセキュリティを保ち、直感的な操作性で簡単に作成、活用できる文書管理と、データベースの添付文書まで検索可能な全文検索が、情報の蓄積・即時活用ができる環境を実現する。

さらに、ワークフロー決裁から複雑な企画開発プロセスまで、幅広く対応可能なプロセスエンジンを備え、業務や情報の流れるスピードの可視化を加速する。

■ひびきRSm@rtDB
https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧