小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/セルフ決済できるスマホアプリ、レジロボ導入で無人決済拡大へ

ローソンは4月23日~5月31日、東京都内の3店舗で、店内ならどこでも決済が可能になるスマートフォン専用アプリを使用したセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験を行う。

実証実験店舗は、晴海トリトンスクエア店、大井店、ゲートシティ大崎。23日、晴海トリトンスクエア店を報道陣に公開した。

利用状況の検証を5月末まで行い、年度内に全国のお客ニーズの見込める店舗への導入を進める予定だ。

<店頭の専用読み取り機>
店頭の専用読み取り機

ローソンスマホペイは、スマートフォンに事前にローソン公式アプリをダウンロードし、お客自身が商品バーコードをスマホのカメラで読み取ることで、店内のどこでも決済できるサービス。

退店時にスマホに表示されたQRコードを店頭の専用読み取り機にかざすことで、決済済みであることを確認し、電子レシートを表示することができる。

<電子レシートを表示>
電子レシートを表示

日中の時間帯はローソンスマホペイと有人レジを併用することで、特に朝と昼とのレジの混雑緩和、混雑で取り逃がした顧客の獲得を実験の目的としている。

酒など年齢確認の必要なもの、カウンターのフードは対象外。

ローソンスマホペイ導入により、お客のレジ混雑時の会計のストレス軽減と、店舗従業員のレジ対応にかかる業務の軽減や生産性向上を目指す。

先行して同社本社のあるゲートシティ大崎の店舗では、ローソン社員を対象に導入している。同店では、通常入店から買い物を済ませ、退店まで約3分かかるところ、「ローソンスマホペイ」利用者は約1分で買い物を終了できている。また、使い慣れると便利さからリピート率も高いという。

同社の中国・上海の全店舗で、システムは違うが、スマートフォン専用アプリを使用したセルフ決済サービスを導入している。上海での利用率は約20%。

<野辺一也・マーケティング本部長>
野辺一也・マーケティング本部長

野辺一也・マーケティング本部長は、「スマホペイによる、朝昼夕方のピーク時の混雑緩和で、レジの通過客数の増加、来店頻度の向上により、日販の増加を図る。無人レジに比べ、導入コストが低く、全国のローソン1万4000店の希望店からすぐにでも取り組める」と説明した。

<レジロボ>
レジロボ

また、晴海トリトンスクエア店では、自動で決済、商品の袋詰めまでする「レジロボ」の実証実験を5月9日~6月8日まで行う。

会計時間の短縮と顧客利用の割合を実験で検証し、今後の導入を検討する。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

PR記事

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧