メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

楽天/CEATEC出展ローソン「未来コンビニ」にウォークスルー決済提供

楽天は10月16日~19日、幕張メッセで開催する国内最大の家電・IT見本市「CEATEC Japan 2018」でローソンが出展ブースで、試験的に披露する「ウォークスルー決済」の決済手段として、スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を提供する。

<楽天ペイ>
楽天ペイ

来場者は、ローソンの「CEATEC専用アプリ内」または「楽天ペイ(アプリ決済)」を使ってウォークスルーゲートを通ることで商品を購入し、ストレスフリーな買い物を体感することができる。

「楽天ペイ(アプリ決済)」は、クレジットカードを登録することで、スマホさえあれば簡単に決済ができるサービスで、2017年8月から全国のローソン店舗で導入されている。

現状では、来店者がスマホに表示したバーコードをレジのバーコードリーダーで読み取ることで決済が完了する仕組みになっている。

CEATECでローソンが披露する「ウォークスルー決済」では、商品すべてにRFID(無線識別)タグが付いており、来場者が「楽天ペイ(アプリ決済)」のQRコードをかざして商品を持ったままゲートを通ると、自動的に会計・決済が行われる仕組み。

利用者は、レジに並ぶことなく支払いを済ませることができるため、レジ待ちの列に並ぶことも必要がない。

ゲートを通過した後に、利用者のスマホに支払完了画面が表示され、「楽天ペイ(アプリ決済)」の利用によって付与される「楽天スーパーポイント」が確認できる。

RFIDタグを用いた決済では、購入した商品の内訳とそれぞれの値段も表示されるようになるため、「ウォークスルー決済」利用者は自分が購入した商品の明細を確認できる。

楽天としても実験的な取り組みで、今後の実用化までのスケジュールなどをCEATECで発表する予定だ。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方