小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

JR東日本/赤羽駅でAIを活用した無人決済店舗の実証実験

JR東日本、JR東日本スタートアップ、サインポストは10月16日、赤羽駅でAI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を導入した店舗の実証実験を開始した。

<実証実験店舗の外観イメージ>
実証実験店舗の外観イメージ

会場は赤羽駅ホーム上のKIOSK跡を活用した特設店舗で、一般客を対象に無人決済店舗の実証実験を行うもので、2カ月程度の実験を予定している。

スーパーワンダーレジはサインポストが独自開発する人工知能「SPAI」による画像認識技術、物体追跡技術を活用した無人決済システムで、AI が入店したお客を追跡して手に取った商品を認識、購入金額の計算から
決済まで一貫して自動で行う。

スーパーワンダーレジを導入することで、食品や飲料などお客が選んだ商品をAIが把握し、自動的に購入金額を算出する。レジで会計待ちをすることなく、交通系電子マネーで短時間に決済を行うことができるという。

<利用方法>

今回の実証実験では、一般客にスーパーワンダーレジを利用してもらうことで、無人店舗の実用化に向けた課題解決の方策を検証する。

サインポストは、スーパーワンダーレジを導入することで、買物客は、レジに並ぶことなくスムーズに買い物を楽しんでもらい、小売店舗では店舗運営の更なる効率化と将来的な無人化を目指す。

<実証実験店舗の内観イメージ>
実証実験店舗の内観イメージ

JR東日本とJR東日本スタートアッププログラムは、ベンチャー企業と協業し新たなビジネス・サービスを実現する「JR東日本スタートアッププログラム」を実施しており、2017年度最優秀賞をサインポストが受賞している。

2017年11月20日~26日、大宮駅西口イベントスペースで「スーパーワンダーレジ」を組み込んだポップアップストアを展開し、約2000人のお客が無人決済システムを体験している。

今回の実験では、商品認識率と決済認識率を向上させ、今後の実用化を目指すという。

実験店舗の概要
所在地:赤羽駅5、6番線ホーム上特設店舗
営業時間:10時~20時
店舗面積:約21m2
販売商品:飲料、ベーカリー、菓子等約140種類

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧