小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

楽天、幸楽苑HD/AI搭載のデジタルサイネージを導入

幸楽苑ホールディングスと楽天は1月28日、お客様との新たなコミュニケーションを目指した取り組みとして、楽天の研究機関「楽天技術研究所」が開発したAI(人工知能)搭載のデジタルサイネージ「幸楽苑UmaAIくじ」を対象店舗に試験導入すると発表した。

AIを活用した画像認識技術によりお客様の顔から、年齢や性別などを推定し、「幸楽苑」おすすめのメニューを提案する取り組みで、「クーポンくじ」の発券機能もある。

また、1月29日から「幸楽苑」全517店舗で、楽天の共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」の提供を開始する。

<幸楽苑楽天ポイントカード券面>
幸楽苑楽天ポイントカード券面

サービス開始により、ユーザーは、「幸楽苑」の各店舗で「楽天ポイントカード」もしくは「楽天ポイントカードアプリ」を提示すると、買い物金額に応じて「楽天スーパーポイント」を貯めることができ、支払い時には、貯まったポイントを利用できる。

サービス開始日から、オリジナルデザインの「幸楽苑楽天ポイントカード」を発行し、各店舗で無料で配布する。

同日から、「幸楽苑楽天ポイントスタート記念!ポイント2倍キャンペーン」を実施。キャンペーン期間中に「幸楽苑」の店舗で食事をして、会計時に「楽天ポイントカード」を提示すると、全員に、通常より2倍の「楽天ポイント」を付与する。

幸楽苑と楽天野球団は、2019年シーズンのオフィシャルスポンサー契約の締結に合意しており、今後さまざまな施策を検討している。

例えば、東北エリアの一部「幸楽苑」店舗でスタッフが「楽天イーグルス」のユニフォームを着用して接客をすることで応援する施策も実施する。

「幸楽苑」は2018年9月から、「楽天市場」に出店をしており、今回の「楽天ポイントカード」をはじめとする楽天グループとの多様なサービス連携を通して、楽天会員数1億以上という強固な顧客基盤と楽天の各サービスやテクノロジーを活用し、さらなる事業の推進を目指す。

両社は、今後もITと外食産業の新たな可能性を追求し、お客が満足できる、さまざまな企画を提供するという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧