小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

シェイクシャック/大阪・茶屋町に関西エリア2号店を出店

サザビーリーグは2月1日、大阪市にニューヨーク発のハンバーガーレストラン「ShakeShack(シェイクシャック)」の関西エリア2店目となる「シェイクシャック茶屋町店」をオープンする。

<シェイクシャック茶屋町店>
シェイクシャック茶屋町店

シェイクシャックは、上質な素材、高いホスピタリティ、スタイリッシュな店装にこだわりながら手ごろな価格で提供する「ファインカジュアル」のレストランとして世界中で知られている。

素材の質と安全にこだわったメニューは、ホルモン剤を使用せず育てられた100%ナチュラルのアンガスビーフを使ったハンバーガーやホットドッグ、毎朝店舗で作っているフローズンカスタード(アイス)、バーガーに合うこだわりのオリジナルビールやワインなどを提供している。

店舗の一つ一つが「コミュニティーギャザリングプレイス」(地域の人々が気軽に集う場所)となるよう、地域の特性に合わせた店舗づくりに取り組んでいる。

「シェイクシャック茶屋町店」は2フロアで構成されており、入店してすぐに大きな階段があるのが特徴。

<店内イメージ>
店内イメージ

そのため、店舗デザインは”LOOKUP”というコンセプトとした。”LOOKUP”には「見上げる」という意味だけではなく、「よくなる、上向く」という、明るくポジティブな要素が込められている。

階段エリアにある高さと幅が共に6メートルほどある広い壁面には、シェイクシャックのイメージやインタラクティブなビジュアルを投影してブランドの世界観を表現すると共に、1階と2階を結んだダイナミックな空間設計をした。

現代的なデザインとヒノキや杉といった日本古来の素材が組み合わさり調和することで、居心地の良さやリラックスした雰囲気で利用できる。

今回のオープンに伴い、コンクリート(フレッシュなフローズンカスタードとトッピングを高速スピンで混ぜ合わせたオリジナルアイス)に茶屋町店限定の「チャヤマチモカ」を投入する。

濃厚なチョコレート味のフローズンカスタードにコーヒーキャラメルソースとトッピングを合わせ、ビター&スイートなモカの味わいが楽しめるアイスに仕上げたという。

街の雰囲気に合わせたスタイリッシュで落ち着いた雰囲気のある茶屋町店で、食事やティータイムを提供する。

梅田芸術劇場が近いので観劇の際には持ち帰りもお勧めだという。

店舗概要
所在地:大阪府大阪市北区茶屋町15-22
アーバンテラス茶屋町(Gビル梅田01)
営業時間:11時~10時(21時30分LO)
席数:1階52席、2階85席
TEL:06-6467-8768

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧