小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブンイレブン/PayPay、メルペイ、LINEPayなどスマホ決済導入

セブン‐イレブン・ジャパンは5月21日、「PayPay」「メルペイ」「LINEPay」の国内3社と「アリペイ(Alipay)」「WeChatPay(微信支付)」の海外2社を加えた5社のバーコード決済サービスを7月1日に導入すると発表した。

<対応するバーコード決済>
対応するバーコード決済

セブン&アイ独自のバーコード決済サービスである「7pay(セブンペイ)」の利用を、全国のセブン-イレブン20,925店で7月1日(予定)から開始するのに合わせた施策。

グループ外の5つのバーコード決済については、セブン・ペイが接続中継を担う。

これまで、セブン-イレブンは、セブン&アイグループの電子マネー「nanaco」のほか、交通系電子マネーや各種クレジットカード等のキャッシュレス決済に対応していた。

グループのアプリ・CRM戦略を推進すべく、2019年7月よりグループ独自のバーコード決済サービス「7pay」をセブン-イレブンアプリ内からの登録を開始し、さらなるお客の利便性向上を図る。

今後は、「7pay」での支払いを通じて200円(税抜)で1nanacoポイントが貯まるほか、期間限定のキャンペーンなど、さまざまな特典を準備している。

複数のバーコード決済サービス開始にあたり、レジ操作時において店舗の従業員が、ボタンひとつで全てのバーコード決済に対応可能となる新たな機能を独自開発することで、加盟店側の負荷軽減に向けたシステムを導入した。

7payは、セブン‐イレブンアプリ内から最短2タップの画面遷移で登録が完了し、支払い時もボタンひとつで「かんたん」にバーコードを表示できる。

店頭レジのほか、セブン銀行ATM、各種クレジットカードなどからいつでもチャージが可能となっている。

10月を目途に外部加盟店への利用拡大や、2020年春以降にはセブン&アイグループ各社のアプリとの連携も予定している。

なお、nanacoポイント以外のポイントとの連携について、セブン&アイHDでデジタル戦略推進本部長を務める後藤克弘副社長は、「当社は他社とのポイント連携を否定していない。お客様のライフスタイルを分析するために、データがさまざまな視点から集まることは良いことだ。ただ、ポイントを連携するためのコストの問題はある。コスト面での折り合いがつけば、他社との連携はあり得る」と、4月の決算会見で述べている。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧