小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

Yahoo!ショッピング/商品を体験購入できる次世代型店舗

ソフトバンクの子会社SBエンジニアリングと、経路検索サービスのジョルダンは3月2日、「Yahoo!ショッピング」の取扱商品などを手に取って体感しながら購入できる、次世代型店舗「QRECS(Quick and Real EC Shopping、キュレックス)」を共同開発したと発表した。

<キュレックス>
キュレックス

同店舗は、商品棚とデジタルサイネージを併設し、ヤフーのオンラインショッピングモール「Yahoo!ショッピング」とリアル店舗の融合を実現した次世代型店舗。商業施設、鉄道の駅構内、駅ビルなどに「QRECS」を設置することを想定しており、同日から「QRECS」を設置する施設と、出店を希望する「Yahoo!ショッピング」のストアの申込受付を開始した。

<デジタルサイネージのイメージ>
デジタルサイネージ

商品棚とデジタルサイネージを併設しているため、オンラインショッピング限定の商品であっても、サイズ、素材などを実際に体感しながら買い物ができる。地方の名産品、旬のものなど、リアル店舗には在庫がない商品も購入できることが特長だという。

<QRECSの利用方法>
QRECS

ユーザーは、デジタルサイネージで欲しい商品を選択し、画面に表示されたQRコードをスマホやタブレットのカメラで読み取ることで、「Yahoo!ショッピング」の商品ページに遷移し、そのままオンライン上で購入することができる。

購入した商品は指定した場所へ配送されるため、その場からの持ち帰りが難しい大きな商品、重い商品でも気軽に買物を楽しめる。

「QRECS」を設置する商業施設などは、「QRECS」で商品を販売する出店者から出店料を受け取ることできるため、空きスペースを有効活用して新たな収益を創出することが可能になる。

一方、「Yahoo!ショッピング」のストアは「QRECS」に出店することで、ユーザーに商品の実物を体感してもらえる。また、オンラインではリーチできなかったユーザー層へ商品を訴求することができるため、新規顧客の獲得による売り上げの向上が期待できるという。

「QRECS」は一般的なリアル店舗と異なり、現場での接客・レジ対応、在庫調整などが不要。月単位で契約が可能なため、期間限定のポップアップショップの出店やテストマーケティングを低コストで実施できる。

今後は、多言語対応、「QRECS」に AI(人工知能)を活用したカメラを設置して通過・滞留人数、サイネージの閲覧数、ユーザーの属性などを計測・分析し、表示内容や出店料の検討の参考にするなど、ユーザー、設置オーナー、出店者にとってより利便性の高いサービスの実現に向けて取り組んでいく。

■問い合わせ先
http://www.qrecs.jp/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧