小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

JR東日本/東小金井駅「そば自動ロボット」実証実験

JR東日本スタートアップとコネクテッドロボティクスは3月3日、そばいちnonowa東小金井店(JR東小金井駅)で「そば自動ロボット」の実証実験を3月16日から行うと発表した。

<駅そば自動ロボット>
駅そば自動ロボット

「JR東日本スタートアッププログラム2019」で採択された「調理ロボットサービス」を開発しているコネクテッドロボティクスは、日本レストランエンタプライズ(以下:NER)と協力し、駅そば自動ロボットによる店舗効率化を目指す。

同実験では、NRE協力のもと、 コネクテッドロボティクスが開発したそばロボットを活用。アームロボットが専用てぼを持ち上げ、そばの茹で作業、ぬめり取り、冷水で締める作業を行う。1時間あたりのそば生産量は40食となっている。

国内の外食産業では人手不足がますます深刻化しており、調理の省力化や自動化が大きな課題。今回、そばロボットを活用することで、店舗全体の約8時間分程度、従業員約1人分の作業量を代替することができるという。

JR東日本グループでは実証実験の結果を踏まえ、NREが運営する駅そば店舗への本格導入、作業全体の自動化を目指すことで従業員の負担を軽減していく。

<そばいちnonowa東小金井店>
そばいちnonowa東小金井店

■実証実験
期間:3月16日~4月15日
営業時間:(月~金)7時~22時(土日祝)7時~21時
場所:そばいちnonowa東小金井店(JR東小金井駅)

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧