メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファミリーマート/デリバリーアプリ「メニュー」で配達サービス導入

ファミリーマートは10月30日、menuが運営するデリバリー&テイクアウトアプリ「menu(メニュー)」を導入し、商品の配達サービスを東京都内10店舗において開始したと発表した。

<デリバリー&テイクアウトアプリ導入>
デリバリー&テイクアウトアプリ導入

配達サービスに対するニーズは、昨今のテレワークなどの在宅勤務の普及によって、ますます高まりを見せている。

ファミリーマートでは、店舗での買物により近い感覚で利用できるよう、「menu」にて配達サービスを順次導入し、取扱商品や店舗オペレーションの検証を行ってきた。

買物のしやすさなど顧客に好評を得ていることから、「大田池上五丁目店」(東京都大田区)、「ハッピーロード尾山台店」(東京都世田谷区)、「北青山二丁目店」(東京都港区)など10店で店頭での販売価格と同価格で注文を可能とした。

対象商品は食品、飲料品、日用品、酒など約300品。サービス提供時間は10時~22時(平日・祝休日含む)となっている。商品の合計注文金額が1000円未満の場合は、150円の少額取扱料及び配達料がかかる。

「menu」は、スマホで食べたいメニューを事前注文・決済ができ、後は店で受け取るだけのテイクアウト機能と、2020年4月より本格開始のデリバリー機能を利用できるアプリ。2020年9月現在で、加盟店数は約3万6000店となった。

デリバリーでは月額980円で基本配達料無料、1500円以上で商品代金5%オフ、毎月もらえる特典クーポンなど、様々な特典の付いた「menu pass」が好評だという。

また、ファミリーマートでは商品代金1500円以上のデリバリー注文で配達料が無料になる特別キャンペーンを、11月1日~7日実施。今後、利用状況に合わせ、取扱商品や導入店舗の拡大も検討していく。

<対応店舗>
対応店舗

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月02日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方