メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日本調剤/本部・店舗コミュニケーション「Shop らん」全685店舗に導入

2021年09月30日IT・システム

ドリーム・アーツは9月30日、日本調剤が、本部-店舗コミュニケーション基盤として多店舗オペレーション改革を支援するクラウドサービス「Shop らん(ショップラン)」を導入すると発表した。

10月1日より、全国47都道府県の全685店舗(2021年9月1日時点)にて利用を開始する。

「Shop らん」は、多店舗企業の本部・店舗間コミュニケーションに特化したクラウドサービス。イトーヨーカ堂、エディオン、すかいらーくなど幅広い業種・規模で採用され、導入店舗数約3万9000店・利用人数約53万人(海外含む)となっている。「Shop らん」は、サービス基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現している。

日本調剤は、全国47都道府県で調剤薬局を展開している、調剤薬局。ICT戦略を成長の重要な要素と捉え、電子お薬手帳「お薬手帳プラス」を自社開発するなど、業界に先駆けてさまざまな施策に取り組んでいる。2021年8月に「DX戦略(デジタルトランスフォーメーション戦略)」を発表した。

今回、「DX戦略」における「業務プロセスの変革」の施策のひとつとして「Shop らん」を採用した。これまで日本調剤における本部-店舗間コミュニケーションでは、自社開発のグループウェア、メール、電話など複数の手段を組み合わせて運用していたが、複数の店舗をマネジメントするエリアマネージャーによる進捗確認に時間を要していた。また、店舗では複数のツールから届く情報をひとつずつ確認、整理する作業も発生していた。

これらの課題をデジタルの活用で解決し、全スタッフへの情報・意識共有、店舗運営の効率化、対人業務時間の拡充のため、本部-店舗間コミュニケーションの改革を目指して、基盤となるツールの検討し、「Shop らん」を導入した。

<「Shop らん」利用イメージ>
20210930d2 728x196 - 日本調剤/本部・店舗コミュニケーション「Shop らん」全685店舗に導入

本部・エリアマネージャー側には、実施状況がダッシュボードで可視化され、タスク未実施の店舗だけに再通知が可能になる、店舗からの報告の自動集計で取りまとめ作業が不要になるなどのメリットがある。

店舗側では、本部からの業務指示が自動的にわかりやすく整理され、自店の取り組みを自由に発信、他店舗での施策・売場写真を参考にできるといった効果を期待できる。

<導入のメリット>
20210930d1 728x199 - 日本調剤/本部・店舗コミュニケーション「Shop らん」全685店舗に導入

また、「Shop らん」の活用は、業務効率化だけにとどまらず、優良店舗の施策を吸い上げ、全国の店舗へ共有できるようになることでスタッフの自律的な取り組みの促進につなげたい考えだ。

日本調剤では「Shop らん」導入により目指す効果として、店舗責任者の情報処理時間と本部での集計作業時間を削減し、薬局スタッフがこれまで以上に患者と向き合う時間を拡充することを掲げている。

日本調剤の三津原庸介社長は、「『Shop らん』を導入することで薬局業務プロセスのデジタル管理化、業務効率化を推進します。オンライン服薬指導やオンライン資格確認、認証機能付きロッカーの導入など、昨今のデジタル化により変化し続ける薬局業界に対応していくためには、本部・エリアマネージャー・薬局従業員間のコミュニケーション改革は必要不可欠であると考えました」。

また、「全店舗、全従業員が業務を自分事として捉え、他店舗の優良事例を見ることで自店舗を改善し、来局いただく患者さま・地域の皆さまのために、従業員一人ひとりの意識改革を目指しています。薬局従業員が本来業務に注力できる環境を整えることで、より質の高い医療の提供を実現します。今回のプロジェクトは、日本調剤とドリーム・アーツの協創シナジーを最大限に発揮してくれるソリューションとなってほしいという祈願、またその結果を必ず出すという意思表示として『JP-Dreamプロジェクト』と呼んでいます。ドリーム・アーツには、協創パートナーとして目標達成までお付き合いいただくことを期待しています」と意気込んでいる。

ドリーム・アーツの山本孝昭社長は、「2021年10月1日、『Shop らん』による日本調剤様の全店舗のコミュニケーション改革が始動します。業界屈指の先進的な業務デジタル化事例となるであろう『JP-Dreamプロジェクト』が、日本調剤様における「DX戦略」の土台となり、2030年への長期ビジョン実現に大きく貢献することを期待しています」とコメントしている。

■詳細はこちら
https://www.dreamarts.co.jp/news/press-release/pr210930/

■Shop らん(ショップラン)について
https://shoprun.jp/

■ドリーム・アーツ問い合わせ先
所在地:東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 29階
協創パートナー推進本部 広報担当 冨田
TEL: 03-5475-2502・070-3175-0842
E-mail:pr@dreamarts.co.jp
https://www.dreamarts.co.jp/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年12月04日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方