流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ダイエー/全店に買物データから食事管理するアプリ「SIRU+」導入

2021年11月16日 13:30 / IT・システム

シルタスは11月16日、ダイエーが全195店舗で買物データから食事管理をするアプリ「SIRU+(シルタス)」を導入すると発表した。

<SIRU+(シルタス)>
SIRU+(シルタス)

コロナ禍での新しい生活様式により、運動不足、食生活の乱れなどで健康へのニーズが顕在化している。巣ごもりの生活スタイルによりスーパーへの来店者が増加しているとともに、来店客の健康サポートの重要性が高まっている。

2019年3月からサービスを開始している「SIRU+」は、スーパーのポイントカードなどに紐づく購買履歴から栄養の偏りを可視化、栄養バランスが整う食材、レシピを勧めるスマホアプリ。ダイエーは、デジタルを活用した顧客体験の向上に取り組んでおり、来店者の健康支援のために2019年3月より「SIRU+」の導入を開始、31店舗で利用可能となっている。

コロナ禍により消費者にとってスーパーがより生活に必要不可欠な存在となっている中で、来店者の栄養状態や健康ニーズがわかることは、顧客理解を深めることができるとともに、新たなインサイトの発見に役立てることができる。ダイエーでは、11月24日よりさらに164店舗に追加導入し、全店で採用することを決定した。

また、「SIRU+」と連携してるダイエー店舗で買物をしているユーザーの栄養傾向を分析したところ、不足しやすい栄養素、充足しやすい栄養素など、栄養傾向があることがわかったという。

8月1カ月間、ユーザー約700人を調査、ビタミンA、ビタミンD、たんぱく質の不足傾向が見られた。

<ニーズにマッチする食品提案も可能に>
ニーズにマッチする食品提案も可能に

「免疫力UP」に関心のあるユーザーが多いこともわかり、免疫力を上げる働きのあるビタミンAが豊富な食品の購入を促進させることで、健康ニーズにマッチする食品提案ができるようになる。

さらに、イオングループの共通ポイントカード「WAON POINTカード」のみがアプリに連携可能だったが、10月7日より「イオンカード」との連携も開始した。

■問い合わせ先
シルタス 
広報担当:岸名
TEL:03-5843-1620
Email:t.kishina@sirutasu.com

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧