メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

NEC/スギ薬局約1500店舗をつなぐ基幹システムをAWS上に構築

2022年05月20日IT・システム

関連キーワード:

NECは5月20日、スギ薬局約1500店舗のマスター管理、仕入れ、発注といったマーチャンダイジング業務を行う基幹システムをアマゾンウェブサービス(以下:AWS)上に構築し、本格稼働を開始したと発表した。

<店頭でのスマートデバイス活用イメージ>
店頭でのスマートデバイス活用イメージ

スギ薬局では、顧客に合わせた最適な接点を持つための「スギ薬局アプリ」、健康増進を支援する「スギサポ」、化粧品電子カルテ「Carat」を導入・展開するなどDX戦略を推進。加えて、年間100店を上回るペースで店舗数を急速に拡大させている。今後も店舗数やビジネス規模の拡大を目指す中、DX戦略の重要な土台となる基幹システムに対し、柔軟な拡張性が求められていた。

今回NECは、AWSを活用してビジネス成長に合わせた柔軟な拡張性、社外パートナーとの連携が容易な接続性などを有するスギ薬局の基幹システムをクラウド環境に構築した。NECは、2020年11月に米国AWSと日本では初となるコーポレートレベルの戦略的協業契約を締結するなどAWSと連携を強化。約1500店舗を支える大規模システムのスムーズな移行を実現している。

今回のシステムは、既存の基幹システムに比べ、約40%以上の高速化を実現し、大量のデータの迅速な処理が可能になり、現場の意思決定の促進とビジネス規模拡大に寄与しているという。

また、基幹システムのモダナイゼーションに併せてWebサイトプログラミング言語のHTML5(Webページの記述などに用いるマークアップ言語の第5版)によるアプリケーション開発を行い、店舗従業員などユーザーの使用感を高めた。

さらに、本部や店舗にある約2200台の業務用PC端末に加え、スマートフォンやタブレット端末といった約5000台のスマートデバイスからもマーチャンダイジング業務が可能になり、在庫管理や発注、売り上げ分析といった作業を場所の制約を受けずリアルタイムに確認・対処可能。店舗運営の効率化を図りながら、従業員はより高い専門性が必要な美容やヘルスケア領域の業務に注力することができる。

<店舗DXを支援>
店舗DXを支援

■問い合わせ先
NEC 第二リテールソリューション統括部
E-Mail:info@mcg.jp.nec.com

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月07日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方