小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イトーヨーカ堂/シェアサイクル事業開始

イトーヨーカ堂は6月21日、「イトーヨーカドー浦和店」でシェアサイクルステーションを設置した。

<シェアサイクルステーション>
シェアサイクルステーション

シナネンサイクル、OpenStreetと協業してシェアサイクル事業を実施するもの。OpenStreetが提供するシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」のシステムを活用する。

今後も「HELLO CYCLING」をすでに展開している地域のイトーヨーカドー店舗を中心に順次、シェアサイクルステーションを開設する。

2018年度中に10店200台、2020年度末までに30店500台規模での全国展開を目指す。

協業では、イトーヨーカ堂が敷地内に電動アシスタント自転車を借用・返却できる駐輪場「ステーション」用の場所を提供し、シナネンサイクルは自転車の管理と運営を担当する。

<マザーポートと一般ステーションの相関図>
マザーポートと一般ステーションの相関図

ヨーカドー浦和店が位置するさいたま市では、セブン-イレブン店舗を中心に128カ所の「HELLO CYCLING」のステーションがある。

イトーヨーカドー浦和店は浦和駅から徒歩3分程度に位置しているため、さいたま市浦和区における利用頻度の高いマザーポートを目指すことで、放置自転車の削減、周辺ステーションとの相互利用によるお客の移動利便性向上など、新たな集客につなげることができるという。

HELLO CYCLINGは、事業者や自治体向けのシェアサイクルプラットフォーム。利用者は、自転車を借用・返却できる「ステーション」の検索から決済までの一連の手続きを、スマートフォンやパソコンで簡単に行うことができる。

ステーションであればどこでも乗り捨てができる。

HELLO CYCLINGを提供するOpenStreetは、ヤフーの子会社Zコーポレーションとソフトバンクの子会社SB居のベンチャーが出資している。

■HELLO CYCLING
https://www.hellocycling.jp/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧