小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

キャッシュレス決済/利用したいのは2位「食費」3位「日用品費」

販促/2019年03月27日

エプソン販売は3月27日、話題を集める「キャッシュレス決済」に関する意識・実態調査の結果を発表した。

<キャッシュレス決済化への意向>
キャッシュレス決済化への意向

20~50代の男女5255名に対し、キャッシュレス決済化への意向について聞くと、「キャッシュレス決済化」の希望は79%だった。

「すでに利用している」という経験者は67%となり、世代問わずキャッシュレス決済化への意向は高く見られた。

また、すでにキャッシュレス決済を利用している20~50代の男女500名を対象に、キャッシュレス決済の利用実態を調査。

<キャッシュレス決済を利用したいと思うもの>
キャッシュレス決済を利用したいと思うもの

その結果、日常的な支出のうち特にキャッシュレス決済を利用したいと思うもの1位は「外食費」(73%)であること、さらにはキャッシュレス対応か否かが店舗選びにも影響する(50%)ことがわかった。

キャッシュレス決済を利用したいと思うものは「外食費」に次いで、2位は「食費(食材や惣菜の購入費)」(69%)、3位は「日用品費」(62%)だった。

「外食費」をキャッシュレス化したいと回答した人からは、「ランチタイムの時には店舗が混んでいるが、キャッシュレスになったらカウンターで待つ時間の短縮にもなると思う」(女性・40歳)、「財布の中身を気にせずご飯に行ける」(女性・25歳)などの意見があった。

<現金がなくて困った経験が4割「あり」>
現金がなくて困った経験が4割「あり」

外食のシーンで現金がなくて困った経験について聞いたところ、「財布の中の現金が少なく、本来食べたかった・飲みたかったメニューが注文できなかった」(36%)や、「飲み会など割り勘のシーンで現金が足らず、他の人に立て替えてもらった」(37%)など、全体の約4割が「経験あり」と回答。

世代別では、特に20代にこのような「現金がなくて困った経験」をしている人が多くみられた。

外食費をキャッシュレス決済化することで手持ちの現金を気にせず飲食ができると思うか聞いたところ、「そう思う」(44%)「どちらかといえばそう思う」(35%)と回答。

さらに、外食費をキャッシュレス決済化することは、9割が「オススメできる」と回答している。

<外食費をキャッシュレス決済化することの影響>
外食費をキャッシュレス決済化することの影響

外食費をキャッシュレス決済化することの影響について聞くと、「他の人に気楽にごちそうできるようになる」(44%)、「少し値段が張るメニューにもチャレンジしやすくなる」(46%)と「財布のひもが緩くなる」という傾向が見られた。

「現金支払いのみの店舗は入店をためらう」(50%)という結果が得られた。

■調査概要
調査対象:現在キャッシュレス決済を利用している20~50代男女500名 ※性年代別均等割付
調査期間:2019年2月27日~3月4日
調査方法:インターネット調査

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧