小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/加盟店利益1位は「パン」メーカー9社とうまいパン決定戦

ファミリーマートは1月21日~2月10日、エリアFCを除く全国のファミリーマート約1万5800店で「第2回うまいパン決定戦」を開催する。

うまいパン決定戦は、日本を代表するパンメーカーが、1つのテーマのもと、各社のプライドをかけて、オリジナルパンを開発し、ファミリーマートの人気NO.1を競う大会。2018年11月に開催した第1回では、フルーツをテーマ食材として開催し、神戸屋と、山崎製パンが優勝した。

<第2回うまいパン決定戦>
第2回うまいパン決定戦

第1回と同じく、伊藤製パン、神戸屋、札幌パリ、敷島製パン、白石食品工業、日糧製パン、フジパン、山崎製パン、リョーユーパンの9社が参加した。

今年も、全国を「北海道」「東北」「関東・甲信越・福島」「関西・東海・北陸・中国・四国」「九州」に分け、ブロックごとにNo.1の「KING オブ チーズパン」を決定する。

<全国5ブロックで開催>
全国5ブロックで開催

パンの開発を担当するデリカ商品部の木下紀之部長は、「パンはファミリーマートの中食の中で、おむすび、お弁当、サンドイッチを押しのけて、構成比18%と中食売上でNo.1の商材となっている。パンはほかのカテゴリーよりも日持ちをする商品が多いということで、廃棄率が低い。加盟店さんの利益ベースでもNo.1(中食構成比約21%)となっている。パンは、非常に売れて儲かる重要なカテゴリーの一つとなっている」とパンの位置づけを解説した。

また、「パンとおにぎりは、商品単価が100円ちょっとを超える商品が多く、1個ではなく2個購入する人の割合が高い。そのため、ドリンクやヨーグルトとの関連販売を進め、500円~600円くらいとなる価格帯を意識して商品開発した」という。

<木下部長>
木下部長

第1回では、加盟店で手作りPOPを作ったり、専用コーナーを設けるなどとして販促を仕掛けた。パン工場が近い店舗では、店舗として一押しの商品を打ち出し、地域に密着した取り組みにもつながった。神戸屋海老名工場の近くの店舗では、神戸屋のパンを打ち出し1日に100個の売上があったという。

エリアごとに優勝を決定し、昨年は、「関東・甲信越・福島」「関西・東海・北陸・中国・四国」で神戸屋「まるでリンゴ」、「北海道」「東北」「九州」で山崎製パン「白いメロンパン」が優勝した。

2018年11月27日~12月17日に実施した「うまいパン決定戦」の販売実績は、売上高約4億円、350万食となった。オリジナルブランドファミマベーカリーでは、各社と共同開発を行っているが、各社とも共同開発商品の中で売上No.1またはNo.2に入る実績を残したという。

<ブロックごとの概要>
ブロックごとの概要

ファミリーマートのパン売場の商品構成比は、オリジナル「ファミマベーカリー」約95%、ナショナルブランド約5%となっている。今回は、各メーカーの開発を重視した商品開発となったという。「うまいパン決定戦」のパンは、ファミマベーカリーとナショナルブランドとのダブルブランド商品で展開する。

<商品パッケージイメージ>
商品パッケージイメージ

澤田貴司社長は、「一番の狙いは、日本を代表する9社のメーカーがファミリーマートの1万5800店の店舗を使ってバトルをする。こういう規模の企画はなかなかない。我々は、メーカーさんがいらっしゃって初めて存在できる。今回は、パンメーカーが9社が素晴らしい商品を開発し、加盟店さんと一緒になって消費者に伝えて、売っていくことが一番の肝だと思う。一人でも多くのお客様に、この企画を楽しんで欲しい」と企画の趣旨を説明した。

<澤田社長>
澤田社長

今回は、伊藤製パン「チーズ塩パン」(本体121円)、神戸屋「チーズ三昧」(128円)、札幌パリ「チーズケーキみたいなパン」(128円)、敷島製パン「チーズホイップとりんごのパンケーキ」(112円)、白石食品工業「チーズクロワッサン」(147円)、日糧製パン「厚切りチーズマヨトースト」(156円)、フジパン「スイートチーズデニッシュ」(128円)、山崎製パン「チーズケーキデニッシュ」(119円)、リョーユーパン「大きなチーズパン」(110円)を販売する。

第2回うまいパン決定戦では、各社の担当者が、思い思いのコスチュームや演出で商品を紹介した。製造工程の解説や人気ドラマや人気芸人、ラグビーなどをモチーフにした演出も見られた。

<リョーユーパンのプレゼンテーション>
リョーユーパンのプレゼンテーション

九州のリョーユーパンは、九州では、大きく食べ応えあり、濃厚な味わいで、お手頃価格の商品が売れるといわれていることから、通常の商品よりも大きく、お得感のある商品を開発したという。

大きなチーズパンは重量140gで、惣菜パンである「あらびきチョリソー」の重量94gを大きく上回る。味を濃厚にするために、1食あたりチーズ12gを使用した。生地にチーズペースト練り込み3g、シュレッドチーズ黄6g、シュレッドチーズ赤3gをトッピングした。さらにマヨネーズを22gトッピングしている。商品価格は、本体110円で、今回、参加商品の中で最安値となっている。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧