小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

NTTデータ/レジなし実験店で顔パス入店「ダイナミックプライシング」も

NTTデータは1月16日、レジなしデジタル店舗出店サービス「Catch&Go」実験店舗にQRコード認証による入店に加えて、「顔認証入店」と「店頭在庫と連携したダイナミックプライシング」を導入したと発表した。

<顔認証による入店>
顔認証による入店

顔認証入店は、顔パスで入店から決済までを可能とし、新たな購買体験を提供。店頭在庫と連携した電子プライスカードによって、適正価格での販売が可能になり、売り上げ向上、廃棄ロス削減を検証できる。

顔認証入店は、消費者は事前にスマートフォンから顔情報を登録し、入店ゲートに設置されたタブレットで顔認証し入店。これまでのQRコード認証による入店に加え、顔認証による入店が可能になることで、スマートフォンを取り出す必要もなく、顔パスで入店から商品購入までの購買体験を提供できる。

また、両手がふさがっている状態での入店が可能。従業員や店舗経営者にとっては、犯罪の抑止力向上につながることが考えられる。

<電子プライスカードの設置>
電子プライスカードの設置

店頭在庫の情報と商品棚に設置された電子プライスカードが連携し、在庫状況に応じて自動的に価格を変更することが可能になる。常に適正価格での販売が可能になることで、売り上げ向上や廃棄ロス削減が期待できるという。

消費者のより便利で楽しい購買体験の実現に向けて、NTTデータでは2019年9月2日より、レジ無しデジタル店舗出店サービス「Catch&Go」を提供。複数の小売業界の顧客と一緒に、実現性、ビジネス拡大に向けた検討を進める中で、より快適な購買体験の提供やリアルタイムに取得した情報のマーケティング活用のため、今回新たに「顔認証入店」と「店頭在庫と連携したダイナミックプライシング」を導入した。

同サービスを2022年度末までに小売業界1000店舗へ導入することを目指す。

■顔認証入店による、レジ無しデジタル実験店舗の動画

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧