小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アトレ/コト消費型駅ビル「PLAYatre」、タリーズコーヒー新業態など

アトレは3月29日、JR土浦駅の駅ビル「ペルチ土浦」をコンバージョンし、日本最大級のサイクリング特化施設「PLAYatre TSUCHIURA」として、リニューアルオープンする。

<PLAYatre TSUCHIURA>
PLAYatre TSUCHIURA

新ブランド「PLAYatre」は、従来型のショッピングを主としたアトレ・アトレヴィとは異なる、単にモノを売ることに留まらない「コト発信」「体験の提供」に重点を置いた。その新業態一号店となる。

「PLAYatre TSUCHIURA」は、全長180kmのサイクリングコース「つくば霞ケ浦りんりんロード」に隣接することから、コト消費のテーマを「サイクリング」に設定。

アトレの藤本沢子課長は、「PLAYatre TSUCHIURAは、都心から電車で最短49分と近く、サイクリングを楽しむアクティブなリゾートとして再出発する。アトレとしても、サイクリングをテーマに本格的にコト消費に挑む初の駅ビルとなる。地域住民の使いやすさも考え、テナントには塾やエステ、ドラッグストアも入居している」としている。

<「りんりんスクエア土浦」をオープン>
「りんりんスクエア土浦」をオープン

土浦は、「つくば霞ケ浦りんりんロード」のスタート地点であり、リニューアル第1期として、サイクリストに向け、シャワーやコインロッカー、レンタサイクル、サイクルショップ、サイクルカフェなど、サイクリングを楽しむためのベースキャンプ「りんりんスクエア土浦」を地下1階・1階にオープンする。自転車の乗り入れや持ち込みが可能となっている。

<自転車の乗り入れや持ち込みが可能>

「りんりんスクエア土浦」は、駅直結サイクリング拠点施設として、茨城県が事業主体となり、土浦市、JR東日本と連携、アトレが指定管理者として管理運営を行う、地方創生の取り組み。

サイクリスト向け店舗をテナントにそろえ、シャワーやコインロッカー、レンタサイクル、サイクリングイベントなどを提供し、サイクリストと地域が交流する場を目指す。

<タリーズコーヒー新業態サイクルカフェ>
タリーズコーヒー新業態サイクルカフェ

1階に、イタリアの自転車メーカーBianchi(ビアンキ)とコラボレーションした新業態「サイクルカフェ」として、タリーズコーヒーがオープン。

<アフォガード、エスプレッソコンパナ>
アフォガード、エスプレッソコンパナ

店内にBianchiの自転車を展示するほか、イタリアにちなみ、エスプレッソを楽しめる「エスプレッソコンパナ」(320円)「アフォガード」(420円)を「Bianchiおすすめメニュー」として展開する。

店舗の内装は、店舗とフロアの境目をなくし、施設との一体感を出した。アスファルトをイメージした床には横断歩道が描かれ、天井はスケルトンで設計している。

<ライトは車輪がモチーフ>
ライトは車輪がモチーフ

ライトは、車輪がモチーフ。木製の家具が、店舗に温かみを添えている。1人での利用が多い駅の特性を考え、ソファ席をなくし、カウンターなど一人掛けを増やした。

店舗面積152m2、席数57席(全席禁煙)、営業時間全日7時~20時。

<サイクルショップ「ル・サイク」>
サイクルショップ「ル・サイク」

普段使いの自転車からハイエンドロードバイクまで約300台がそろう、サイクルショップ「ル・サイク」が駅ビル、茨城県初出店。

<約300台の自転車がそろう>
約300台の自転車がそろう

約462m2の店舗に、アパレル、ライトなど500点以上のグッズも用意している。

地下1階でレンタサイクル(25台)も行っており、買い物だけでなく手ぶらでサイクリングを楽しめる。

次>> 地下1階はレンタサイクル、シャワーなどサイクリスト向け施設

次へ> 1 2

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧