メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

スリーエフ/横浜駅に「グーツ」旗艦店と連携で弁当配送、店内で惣菜も

スリーエフは7月1日、横浜市西区の「gooz(グーツ)JR横浜タワー店」を報道陣に公開した。

<グーツJR横浜タワー店>
グーツJR横浜タワー店

JR横浜タワーは、横浜駅直結で、オフィスのほか、商業施設「ニュウマン横浜」「シァル横浜」も入居する地下3階~地上26階の大型ビル。施設全体が新型コロナウイルス感染拡大防止により、開業が延期になっていたため、同店は6月24日オープン。6月18日に「シァル横浜」、6月24日に「ニュウマン横浜」も開業した。

「グーツ」は、スリーエフの中でも、「従来のコンビニに不足している出来立て感の訴求による、あたたかさ、和み、やすらぎを感じて頂ける店」をコンセプトとした業態となり、今回で4店目の出店となった。

<いちょう並木通り店から出来立ての弁当を配送>
出来立ての弁当を配送

「グーツ」業態は、店内に厨房を完備し、惣菜・弁当などを出来立てで提供するのが特長だが、オフィスビル内という制約のある立地を踏まえ、弁当などは、旗艦店「いちょう並木通り店」(横浜市中区)から配送。出来立て弁当、こだわりコーヒー、クラフトビールなど個性的な商品と、オフィスの普段使い向けの品ぞろえを両立させた。

<山口浩志社長>
山口浩志社長

山口浩志社長は、「地元横浜との強い結びつきを表現するとともに、オフィス向けの利便性も実現した。立地上の制約があっても、旗艦店を活用することにより、商品に個性を出せる。今後、通常のコンビニの出店が難しい立地でも、グーツを展開できるモデル例となった」と説明した。

コストを抑え、フルスペックの厨房を設置しない代わりに、店舗ごとの需要に対応し、旗艦店から必要な商品の配送を実施する方式を、今後横浜でのグーツ出店に生かすという。

ターゲットは、平日は主に同ビル内のオフィスワーカー、休日は観光客。店舗横の屋上庭園「うみそらデッキ」で弁当、ソフトクリーム、クラフトビールも楽しめるのが、オフィスワーカー、観光客ともに好評だ。

平均日販は47万5000円を計画しているが、オフィスの入居の遅れなどがあり、開店1週間は予想の3分の1程度となっている。

アイテム数は、加工食品など通常のコンビニ商品720、ベーカリー21~36、惣菜16(日替わりで8アイテム並ぶ)、パスタ5、弁当28、よこはまおやつプロジェクト(横浜の菓子店5社の商品)26アイテムがそろう。

出来立て弁当配送・惣菜の対面販売を充実

<女性向けわっぱ弁当(手前)>
わっぱ弁当

オフィスランチ需要に対応するため、「いちょう並木通り店」で作った出来たての弁当を、10時半ピックアップ、11時には「JR横浜タワー店」に配送するスキームを採用した。平日のみの取り扱いで、1日10種、50~100食をめどとしている。

片手でも食べやすい「わっぱ弁当」(税込550円から)は、女性客を意識して開発、「JR横浜タワー店」から先行導入している。

<ベーカリーコーナー>
ベーカリーコーナー

ベーカリーは、専門店のようなコーナーを設置し、1つ151円から用意した。

<店内調理のこだわり惣菜>
店内調理のこだわり惣菜

惣菜は店内で調理し、対面販売で量り売りする。単品190円、3品で560円。店内でオーダー後に、最短3分で作るパスタメニュー(580円から、惣菜とセットで750円から)も新たに開発した。

<コーヒーは好みで選べる>
コーヒーは好みで選べる

モカ、キリマンジャロといったストレートコーヒー、ブレンドコーヒー、キャラメルバニラなどのフレーバーコーヒーなどコーヒーコーナーを充実。ホット約360ml150円・約480ml195円、カフェラテ150円から、アイス約360ml180円・約480ml210円となっている。

横浜らしいスイーツ、雑貨も展開

また、横浜らしさが感じられる商品を充実させた。

<横浜らしさが感じられる商品を充実>
横浜らしさが感じられる商品を充実

土日祝日に店舗横の屋上庭園「うみそらデッキ」で楽しめる、横浜の海と空をイメージしたソフトクリーム(280円)を販売。横浜らしいブルーの「ペパーミント」、「ミックス」、「バニラ」がそろう。

<横浜の海と空をイメージしたソフトクリーム>
横浜の海と空をイメージしたソフトクリーム

地元横浜のオリツルサイダーを使用したフルーツサワー(500円)、横浜と縁の深いキリンビールのクラフトビール(680円)も用意した。

<よこはまおやつプロジェクト>
よこはまおやつプロジェクト

「いちょう並木店」でも月間2000個を売り上げ、好評の「よこはまおやつプロジェクト」(横浜の菓子店5社の商品)の
コーナーも設置した。

<有隣堂がセレクトしたおしゃれな雑貨・文房具>
雑貨・文房具

地元横浜の企業・有隣堂がセレクトしたおしゃれな雑貨・文房具、横浜国立大学オリジナルグッズのコーナーは初めて導入した。

<横浜国大オリジナルグッズのコーナー>
横浜国大オリジナルグッズのコーナー

キャッシュレス決済は、クレジットカード、SUICA、PASMO、LINE PAY、PayPayに対応している。

■gooz JR横浜タワー店
所在地:横浜市西区南幸 1 丁目-1-1 JR 横浜タワー12F
営業時間:平日8時~21時、土日祝9時~19時
販売商品:グーツコーヒー、ベーカリー、デリカ、出来立てパスタ、
お弁当、ソフトクリーム、ビバレッジ、クラフトビール、菓子、雑貨
店舗面積:162.03m2
売場面積:121.85m2
従業員:社員2人、スタッフ21人

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方