メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日本百貨店協会/3月の売上13か月連続減、0.9%減の5195億円

2017年04月20日月次

日本百貨店協会が発表した3月の全国百貨店売上高概況によると、全国の百貨店(調査対象80社・231店)の売上総額は約5195億円(前年同月比0.9%減)となり、13か月連続のマイナスとなった。

富裕層消費やインバウンドの回復が売上を下支えしたが、気温低下により主力の春物衣料が伸び悩み、前年にはわずかに届かなかった。

顧客別では、国内市場(シェア96.2%)は、前月から0.6ポイント改善したものの、1.6%減と8か月連続のマイナスとなった。

インバウンド売上(シェア3.8%)は、3月も桜鑑賞を目的とした訪日ツアーの増加などで好調に推移し、24.6%増と4か月連続でプラスとなった。

地区別では、札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡の10都市売上動向は0.2%増で13か月ぶりのプラス。

北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州の地区別売上動向は3.1%減で17か月連続のマイナスとなった。

衣料品・身のまわり品・雑貨・家庭用品・食料品の主要5品目では、雑貨が4か月連続のプラスとなった。衣料品が17か月連続、身のまわり品が8か月連続、家庭用品が15か月連続、食料品が13か月連続のマイナスとなった。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方