小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本百貨店協会/インバウンド激減、休業で3月売上高33.4%減

月次/2020年04月24日

日本百貨店協会が4月24日に発表した3月の全国百貨店売上高概況によると、全国の百貨店(調査対象74社・205店)の売上総額は約3403億円(前年同月比33.4%減)で、6カ月連続マイナス、過去最大のマイナス幅となった。

商圏顧客の外出自粛に加え、感染防止策として各社が実施した営業時間短縮や臨時休業、さらには物産展や文化催事など大型イベントの中止や縮小から入店客数は大幅に減少し、売上も大きく落ち込んだ。

また、インバウンドは、中国をはじめとした海外からの渡航者の入国制限により、購買客数が93.4%減(2カ月連続)と激減したことで、売上高は85.7%減(47.5億円/2カ月連続/シェア1.4%)となった。

国内市場については、一部外商売上やネット販売などに動きが見られたものの、前月より22ポイントダウンの29.8%減(6カ月連続/シェア98.6%)となっている。

地区別では、全地区で二桁減となり、インバウンド減の影響を大きく受けた大都市(10都市/36.2%減)の減少幅は、地方(10都市以外の地区/26.3%減)よりも9.9ポイント下回った。

商品別では、主要5品目全てでマイナスし、特に、国内外顧客の減少やタッチアップ(直接顧客の肌に施すメイクやスキンケア等)中止から前年より4割以上減少した化粧品、卒入学式などセレモニー中止による衣料品や身のまわり品などオケージョンニーズのアイテムが苦戦した。

食料品についても、人気の食品催事の中止が響いた。一方、巣ごもり消費から、WEB受注、生鮮食品などを含む食料品の宅配は比較的好調だった。また、感染防止意識から婦人手袋なども動いた。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧