流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





西松屋/11月の既存店売上高6.5%減、育児・服飾雑貨は好調

2022年12月02日 11:30 / 月次

西松屋チェーン(2022年2月期売上高:1630億円)が発表した11月度の月次によると、既存店売上高は6.5%減、客数6.1%減、客単価0.4%減だった。

全店売上高は4.0%減、客数3.2%減、客単価0.8%減となった。

総店舗数は1059店舗に上る。

月度 売上高 客数 客単価
全店 前年比 既存店 前年比 既存店 前年比 既存店 前年比
3月 8.9%増 5.9%増 1.7%増 4.1%増
4月 8.7%増 5.6%増 1.5%増 4.0%増
5月 2.0%増 1.2%減 0.9%減 0.3%減
6月 1.3%増 2.1%減 1.8%減 0.3%減
7月 8.0%増 4.8%増 2.7%増 2.0%増
8月 1.0%減 3.6%減 4.1%減 0.5%増
9月 7.0%減 9.6%減 7.7%減 2.1%減
10月 22.0%増 18.5%増 9.9%増 7.8%増
11月 4.0%減 6.5%減 6.1%減 0.4%減

同月は、前年と比較して気温が高く、冬物衣料の売上高が前年を下回った。一方で、育児・服飾雑貨の売上高は好調に推移。店舗面では、新たに9店舗を出店し、1店舗を閉鎖した。

■西松屋の関連記事
西松屋/10月度の既存店売上高18.5%増、気温低下で秋・冬物好調

関連記事

関連カテゴリー

月次 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧