小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

2019生活行動カレンダー/新元号、消費税増税など社会トピックスを販促視点で解説

クレオは11月1日、メーカー向けに、2019年のマーケットチャンスをつかむための生活者潮流や社会トピックスについて紹介する無料セミナーを開催する。

10月1日発売の「’19生活行動カレンダー」の内容を分かりやすい事例や事象を使って解説し、BtoC市場を捉える潮流と8つのキーワードを紹介する。

2019年は、春に新元号への改元、夏は東京五輪まで1年、秋にはラグビーW杯、そして消費税率10%への引き上げと、生活者の意識・行動変化につながりやすいトピックスがいくつも予定されている。

セミナーでは、それぞれの概要と予測される影響について、理解を深める内容を提供する。

生活行動カレンダーは、40年に渡り「生活者」を見続け、研究してきたクレオのノウハウを活かしたマーケティングブックで、社会動向の変化に伴って生まれる生活トレンドや新しい暮らし行動を、生活者の立場に立った「生活者視点」で描いているのが特徴。

リアルな生活者の意識行動を歳事・行事などの「ハレ」の行動と衣食住などの「ケ」(日常生活)の行動に分類し、12カ月のカレンダー形式でまとめ、マーケットチャンスを提案している。

「生活行動カレンダー」を知らない人も参加できるセミナーで、希望者には当日販売も行う。

主に流通などのマーケティング担当者がよく活用しているため、今回は特別に、流通業の担当者が、生活行動カレンダーを、どのような使い方をしているかなども交えて解説する。

■開催概要
「2019年の生活者潮流を読み解く!
『生活行動カレンダー』の内容を分かりやすい事例や事象を使って解説
「BtoC市場を捉える潮流と8つのキーワード」

開催日時:11月1日(木)15:30~17:00(受付15:00)
会場:クレオ5階大会議室
東京都渋谷区神宮前3-27-19
アクセス:山手線「原宿駅」/千代田線「明治神宮前駅」から徒歩8分
参加費:無料
対象:メーカーのマーケティングと販促担当者
(1社からの参加は3名まで、申し込み多数の場合は抽選)

■詳細・申込み
http://kreo.jp/news/

■生活行動カレンダーについて
http://kreo.jp/service/calendar.html

■プログラム
1.2019年の注目事象とその影響
天皇即位 改元/ラグビーW杯/東京五輪1年前/インバウンド/消費税増税
2.最新の生活者のトレンド・潮流 8つのキーワード
3.生活行動カレンダーの活用方法について

流通業の担当者が重視する点など、提案の際のポイントも交えて解説する。
※セミナー内容・順番は多少変更となる可能性もある。

■講師
クレオ
生活行動研究部 部長 関 智美

■問い合せ
クレオ
担当:沼田・佐藤・生田目
TEL:03-5413-0530
seikatsu-ken@kreo.jp

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧