メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

カインズ、IBM登壇/ポスト・コロナのデジタル戦略6月9日WEB開催

2020年05月20日セミナー

JBpressは6月9日、オンラインセミナー「待ったなしのデジタル化、そして企業変革へ」第1回を開催する。

ポスト・コロナ時代における重要な課題である顧客接点の強化、業務サービスコストの削減、人間系接点の削減による省人化の加速、リスク管理体制強化をテクノロジーで実現していくための3回シリーズのセミナーを企業の経営者・管理者に向け、企画した。

新型コロナウイルスによるパンデミックのため、世界のビジネス環境は一変。ポスト・コロナ時代においては「人が動けない」ことを前提にした、デジタル技術を用いた企業変革がますます必要となってきた。

各企業において直面する課題への対応とともに、新しい商流・商慣習を見据えた上での、今後の企業変革のロードマップを検討することが重要になる。

第1回では、デジタル変革を遂行する企業の経営者・管理者に向けて、ポスト・コロナ時代のデータを用いたデジタル化のさらなる重要性、顧客接点の強化によるビジネス拡大の事例の紹介、これらを実現していくためのテクノロジーとノウハウを紹介する。

■ 開催概要
日時:2020年6月9日(火)16:30~18:00(16:00からログイン可能)
主催:日本ビジネスプレス(JBpress)
協力:日本アイ・ビー・エム
受講料:無料(事前登録制)

受講対象者:経営者、役員、経営企画部門、事業開発部門、情報システム部門、マーケティング部門など
※応募多数の場合は、回線の関係上、抽選とさせていただく可能性がございます
抽選結果はメールでのご連絡をもって代えさせていただきます

■詳細はこちら
https://jbpress.ismedia.jp/ts/seminar/20200609/?=ryutsuu

登録フォーム

■プログラム
16:00~
ログイン可能
                
16:30~
オープニング(挨拶)

日本アイ・ビー・エム
クラウド&コグニティブ・ソフトウェア事業本部 Data and AI事業部長
理事
正木 大輔

<セッション1>
待ったなしのデジタル化、そして企業変革へ

「デジタル化」とは、アナログ・リアル・フィジカルから、デジタル・データ・オンラインになっていくこと。日本では、デジタル政策として「e-Japan」「Society 5.0」から「IT新戦略」となって、実装段階となり、民間を向いている。
政府はさらに6月に「デジタル・ニューディール」(仮)として社会基盤の整備を強化し、企業支援を強化する。
今回の「コロナ禍」により構造改革が一気に進行し、早々に新しい社会経済「アフターコロナ」が出現することになり、今こそデジタル化「DX」(デジタルトランスフォーメーション)で経営改革を一段、進めるときとなっている。
今後の「無人経済」では高度通信ネットワークにより、処理の自動化、商品・サービスの強化ができ、DX時代にあるべき経営戦略を推進できるようになる。そしてデジタル化によってこそ、参加企業の「強み」のさらなる強化に注力できることを紹介する。

登壇者:宿輪 純一
帝京大学経済学部教授・博士(経済学)

<セッション2>
成功企業に学ぶ デジタル化 の進め方「カインズのデジタル戦略と実践」

カインズでは昨年6月より本格的なDXにシフトしている。DXにおいては表層的な顧客エクスペリエンスを作り上げるだけではなく、それを支える業務の仕組みを治していくことが必要になる。
今回はDXを支える戦略、組織づくり、組織が効果を創出するためのTIPS、特に組織づくりについて紹介。
組織の役割の明快化、実際の採用活動、新しく入ったメンバーのオンボード、実際に組織として機能させていく様をプロジェクトの実践とともに解説する。

登壇者:池照 直樹
カインズ
デジタル戦略本部長

<セッション3>
多くのデータ活用プロジェクトから導かれたDXの成功法則

DXやデジタル化はデータ活用と切り離して語ることはできない。IBMでは多くのAIやデータ活用のプロジェクトを通して、顧客のDXを成功に導くAI Ladder (AIへのはしご)という考え方にたどりついた。
セッションでは DXの成功法則ともいえるAI Ladderのコンセプトを解説するとともに、参加の企業のにとってデータ活用を効果的、効率的に進めてられるソリューションを長期的な視点と短期的な視点からそれぞれ紹介する。

登壇者:田中 孝
日本アイ・ビー・エム
クラウド&コグニティブ・ソフトウェア事業本部
Data and AIテクニカルセールス部長

<ディスカッション>
ゲスト・スピーカーに聞く、ポスト・コロナ時代のデジタル化の「勘所」とは?

ポスト・コロナ時代の日本の新たな経済政策「デジタル・ニューディール」政策とは?また、日本企業がデジタル化で意識すべきポイントは何か、具体的に実践していくにあたっての勘所デジタル化で成功していくための、データの整備・活用のポイントについてもゲスト・スピーカーが話し合う。

ディスカッション出席者:
宿輪 純一
帝京大学経済学部教授・博士(経済学)

池照 直樹
カインズ
デジタル戦略本部長

田中 孝
日本アイ・ビー・エム

正木 大輔
日本アイ・ビー・エム

■オンラインセミナーの配信について
ご登録いただいた方には、後日、オンラインセミナーを視聴するために必要なURL・接続方法などを
メールにてご案内させていただきます

<注意事項>
・オンラインセミナーを視聴できるのは、事前の登録をいただいた方のみとなります(システム上、1つのURLにつき、複数名での視聴はできません)
・オンラインセミナーの録画、録音、撮影については固くお断りさせていただきます

■問い合わせ先
セミナー事務局(日本ビジネスプレス内)  
メールアドレス:webinar@jbpress.co.jp

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月09日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方