メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

店頭マーケティングアナリスト養成講座/MD・売場・販促企画学ぶ(全7回)

2021年04月08日セミナー

流通経済研究所は5月27日~7月8日(週1回・全7回)、「店頭マーケティングアナリスト養成講座」を開催する。

同講座は、講義とデータ分析演習から構成される全7回の体系的・実践的な人材育成コース。カリキュラムは全7回で構成され、店頭マーケティングの概念や用語を整理するとともに、店頭施策の実行に向けた定石や手順を習得できる。店頭課題の発見と改善を通じた、カテゴリーの業績の向上のための提案力を養うために、提案営業の「効果」「効率」両面からの生産性向上を目指す。

<改善の提案も理論的に解説>
20210408ryuken - 店頭マーケティングアナリスト養成講座/MD・売場・販促企画学ぶ(全7回)

実際の販売データや売場情報、市場データを元に作成したケースによるデータ分析演習でスキルアップ。講座で実施する5回のデータ分析演習で使用する各種分析のテンプレートは実務にも活用できる。

データと消費者行動の理解に基づく「根拠のある」「効果的な」打ち手の開発分析結果の読み方、打ち手や消費者行動に関する知識を習得し、カテゴリー・リーダーとして効果的な施策開発を行い、自社製品でもカテゴリー課題の解決の中での位置付けを明確にした提案を実現する。

カテゴリー課題の発見や原因の深堀りにおける「データ分析の手法」「深堀りの定石」を習得することで、データを前にして「まず何をすべきか」「次に何をすべきか」に迷わなくなるという。

PDCAサイクルを効率的に実施するための手順、プロセスを理解し、取り組みをリードすることができるよう解説する。

2008年の開講以来、メーカー・卸売業・小売業を中心に 133社・370人以上が受講している。

■開催概要
日付:2021年5月27日(木)より(週1回・全7回コース)
時間:13:00~17:30(第7回のみ10:30~17:30)
形式:Web開催
費用:1人33万円(消費税込)
定員:15人
受講対象:メーカー・卸売業の営業企画部門、マーケティング部門、営業部門。小売業の商品部、販売促進部、マーケティング部など

■詳細・申込はこちら
https://www.dei.or.jp/school/kouza_mkanalyst2021

■カリキュラム
第1回(5月27日)店頭マーケティングの視点とフレーム
第2回(6月3日)カテゴリーの課題発見と原因の深堀り
第3回(6月10日)カテゴリー改善へのID-POSデータの活用
第4回(6月17日)定番棚割・品揃えの診断と改善
第5回(6月24日)店頭販促の診断と売価設定・販促企画立案
第6回(7月1日)店頭販促の効果分析・予測・シミュレーション
第7回(7月8日)総合演習

■講師
・祝辰也氏 流通経済研究所 上席研究員(講座コーディネーター)
・山﨑泰弘氏 流通経済研究所 常務理事(専任スタッフ)
・守口剛氏 早稲田大学 商学学術院教授(客員スタッフ)
・鶴見裕之氏 横浜国立大学 経営学部教授(客員スタッフ)

■問い合わせ先
流通経済研究所
店頭マーケティングアナリスト養成講座 事務局
担当:伊藤、祝(いわい)
TEL:03-5213-4532  
FAX:03-5276-5457

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年06月15日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方