メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

店頭プロモーション企画立案講座/説得力ある販促・効果検証解説7月2日開催

2021年05月31日セミナー

関連キーワード:

流通経済研究所は7月2日、オンラインセミナー「店頭プロモーション企画立案講座」を開催する。

店頭販促の企画で押さえておくべきこと、効果的な販促企画のための販促手法に関する知識について学ぶ。

<提案作成のポイント習得を目指す>
提案作成のポイント習得を目指す

講座では、講義と演習を通じて効果的な販促企画力の育成と説得力のある提案作成のポイントを解説。「5W1Hで考える店頭販促企画の要素」「店頭販促に関する消費者行動、ISMの知見」「店頭販促の各手法の、特長・長所・短所」「店頭販促企画におけるデータ・情報源の活用」「次回の企画につながる正しい効果検証の手順」の視点から、効果的な店頭販促の企画のための知識・考え方の習得を目指す。

2016年の開設以来、メーカー・卸・小売 73社、150人以上が受講。消費財メーカー・卸売業・小売業で、食品スーパー、ドラッグストアなどにおける店頭プロモーションのマスタープラン作成の担当者、営業担当で、「店頭プロモーションの基礎を学びたい」「店頭プロモーション企画の幅を広げたい」「目的に応じた企画立案力を身につけたい」「説得力のある店頭プロモーション提案作成を学びたい」といったニーズに対応した内容となっている。

■開催概要
開催日時:2021年7月2日(金)13:00~17:30
開催方法:ZOOMでのWeb配信(ライブ)
受講料:1人税別33,000円
定員:30人

■詳細・申込はこちら
https://www.dei.or.jp/school/kouza_promo

■カリキュラム
1、店頭プロモーションの基礎知識
(1)店内での消費者心理とインストア・プロモーションの役割
(2)インストア・プロモーションの体系と実行サイクル

2、店頭プロモーション企画立案の要素
(1)説得力のあるプロモーション企画提案
(2)When(いつ)・What(何を)
(3)Whom(ターゲット)
(4)Why(訴求点)

3、店頭プロモーション手法に関する基礎知識
(1)Where(どこで)・How(どのように)
(2)価格主導販促
(3)非価格主導販促
(4)店頭プロモーションの近年の動向

4、プロモーション効果検証
(1)効果検証の重要性とメリット
(2)効果検証のためのデータ集計方法
(3)価格弾力性と販促効果係数の算出
(4)記録と共有

5、演習
(1)エンド事例の評価
(2)データに基づくプロモーション企画開発

6、まとめ

■参考資料
1、週次単品POSデータの定番・特売への分解方法
2、バスケット分析の考え方
3、Excelの散布図機能を使った価格弾力性の算出方法
4、回帰分析による価格弾力性と販促効果係数の算出方法

※都合により、プログラムに変更が生じる場合あり。

■講師
流通経済研究所 主任研究員 教育・研修事業担当
祝 辰也(いわいたつや)
プロフィール: 外資系金融サービス会社を経て、1992年流通経済研究所入所。2003年から2015年まで小売向けデータサービス会社、市場調査会社に勤務。2015年4月流通経済研究所に復帰・現職、公開講座の他、個別企業(メーカー、卸、小売)向け研修を数多く担当。
主な研究領域
・ POS・ID-POSデータ分析・活用、ショッパー行動、小売マーケティング
主な著書・論文
「これだけは知っておきたいインストア・マーチャンダイジングの基礎知識」『AJS Network』連載 2016年7月~2018年4月
「シニア・ショッパーに関する10の定説を検証する」 『流通情報』2017年1月
「カテゴリー・マネジメントを成功に導くためにⅠ~Ⅳ」、『流通情報』、2003年5月~10月(No.407~412)
『インストア・マーチャンダイジングがわかるできる』、ビジネス社、2001年(共著)

■Web配信(ライブ)による受講について
・事前にテキストを郵送。
・質疑応答は、配信ツール(zoom)のチャット機能から送り、講義中または終了後に回答する。

■問い合わせ先
流通経済研究所 教育・研修 担当
教育・研修 担当:伊藤、祝(いわい)
所在地:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階
TEL:03-5213-4532 
FAX:03-5276-5457

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方