メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

メーカーの次の一手を考察/小売の最新取り組みと課題解説4月15日開催

2022年03月28日セミナー

関連キーワード:

マーケティング研究協会は4月15日、「【2022年度版】小売業の変化とこれからのリテールサポート~求められる営業活動の変革に遅れをとらないために把握しておくべきこと~」をオンライン開催する。

メーカーが「次の一手」を打つために、小売業はいま何を実現しようとしているのか、そこにはどのような課題が残っているのかを検討する講座を実施する。

2020年来の新型コロナ感染拡大で、生活者の消費・購買行動に急激な変化が生じ、良しあしを問わず小売業界に大きな影響を与えた。

そしてその影響は、以前から推進されていた小売業のDX、デジタル化、リテールイノベーションの流れをさらに加速させている。しかし、小売業の変化・進化の裏には、まだ解決できていない課題も多く残っている。

特に個店ごとに顧客の価値を高めていくこと、つまり、来店客・商圏に合わせた店づくり・売場づくり・販売施策をどう進めるべきか、その精度をどのように高めていくかは、さらに重要度を増した課題となっている。

しかしながら少なくとも現状では、このようなことを単独では解決できず、メーカー側の協力に期待を寄せているのが現状だ。

今回のセミナーでは、小売業界の最新動向を分析し、メーカーの実務支援を行っているフロンティア・マネジメント社から講師を招いた。小売業の最新の変化やこれから課題を整理したうえで、メーカーの営業部門が「次の一手」を打つためのポイントを交えながらわかりやすく解説する。

「主要小売業の最新の取り組みを知りたい」「バイヤーや上層部との会話のテーマにしたい」「先を見据えた商談に取り組みたい」「営業部門の強化を検討中」といったビジネスパーソンのニーズに対応した内容となっている。

■開催概要
開催日時:4月15日(金)13:00~16:00
会場:ZOOM社ウェビナーを使用したWEBセミナー
受講料:1人33,000円(税込)

■詳細・申込はこちら
http://www.marken.co.jp/seminar/2022/04/post_918.php

■プログラム
【第一章】小売業のいまとこれからの課題
・近年の小売業を取り巻く環境変化を振り返る
・小売業の成長戦略~先進企業が気づいていること、目指していること~
【事例紹介】
小売業の“DX・デジタル化・イノベーション”実際はどこまで進んでいる?
・品ぞろえ、棚割、売場検証の自動化
・AI発注、店舗オペレーション効率化など
・効果的なデジタル販促
・さらなる成長に向けた小売業のこれからの課題

【第二章】これからのリテールサポート~商談や売場支援への影響~
・商談回数は減るのか?商談内容はどう変わるのか?
・小売業が目指す“顧客起点のMD”とは
・顧客起点MD実現の障壁がメーカー提案のチャンス
・高騰する販促費のジレンマ、その解決策とは?
【事例紹介】
MDの個店対応の進め方~ID-POSを活用したリテールサポート、施策選定~
・競合メーカーに差をつけられないために
・営業部門が組織として取り組むべきこと
・営業担当者の営業スキル強化の視点

■講師
中間 昭登
フロンティア・マネジメント
コーポレート戦略部門
マネージング・ディレクター
略歴:大手スポーツ用品メーカー米国法人でCFOを歴任後、国内外のコンサルティングファームで小売業・メーカーの事業戦略をサポート。MYNEWS(COO)およびポプラ(副社長)では経営陣として、事業の構造改革、考える営業部門の育成、個店営業力の向上などの営業改革を主導。特にビックデータ分析に基づくMD計画、中食発注システムの構築・定着化を推進。現職では小売業、消費財メーカーを中心に、需要予測、需給調整、AIなどの分析力を生かした経営モデル構築、事業再生に注力している。

山田 耕太郎
フロンティア・マネジメント
コーポレート戦略部門
シニア・ディレクター
略歴:大手広告代理店にて大手飲料メーカー、化粧品メーカーのマーケティング戦略策定、店頭プロモーションの計画、実施、効果検証を行いROI最適化支援で成果を挙げる。その後、外資系コンサルティングファームを経て現職へ転身し、小売業、メーカーに向けたID-POS活用によるMDの高度化支援、店舗オペレーションの高度化支援、マーケティング戦略策定、大手小売業に対するM&A戦略の検討支援を行っている。

白井 悠貴
フロンティア・マネジメント
コーポレート戦略部門
ディレクター
略歴:外資系コンサルティングファームで大手電力会社に対する業務/IT改革支援、新規事業企画支援、リスクアセスメントなどのプロジェクトに従事。現職では、小売業のブランディング再構築、店舗物流拠点再編、商品政策および商品部業務改革の実行支援、PBリブランディング支援を行っている。

■注意事項
申込に際して、申込フォーム備考欄に追加で下記の内容を記入のこと。郵送で送付するため、テレワークの際は自宅など受け取れる住所と電話番号を記入。
1、テキスト送付先
・会社
・自宅
2、セミナー当日に連絡が取れる携帯番号

■問い合わせ先
http://www.marken.co.jp/seminar/2022/04/post_918.php

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方