小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

宝塚ホテル/宝塚大劇場の西隣に移転・新築

阪急電鉄と阪急阪神ホテルズは5月18日、宝塚ホテル(兵庫県宝塚市)を2020年春開業を目指して、移転新築すると発表した。

<完成予想図>
完成予想図

宝塚ホテルは、1926年(大正15年)に、先進的な洋館ホテルとして開業し、ホテル機能の充実と規模の拡大を図りながら、90年余営業してきた。

しかし、経年により躯体や基幹設備の老朽化が進み、現行法上の耐震基準を満たしていないこと等から、宝塚大劇場の西側隣接地(現 西駐車場)に移転・新築する。

新しい宝塚ホテル(以下:新ホテル)は、現在のホテルのデザインを継承するなど伝統を受け継ぐとともに、これまで以上に宝塚歌劇と連携して新たな魅力を発信する。

客室は、宝塚歌劇の観劇やビジネスユースなど幅広いニーズに対応できる様々なルームタイプを備え、現在のホテルを上回る約200室(現129室)を予定している。

宴会場は、宝塚大劇場のオフィシャルホテルとして、宝塚歌劇のディナーショーを開催できる大宴会場と、地域のコミュニティホテルとして利用できる中・小宴会場の合計4室を配置する。

飲食施設は、親しみやすいカフェレストラン&バイキングのほか、日本料理や鉄板焼、ラウンジの計4施設を設ける。

なお、現在の宝塚ホテルは、新ホテルの開業まで、営業を継続する。

<計画地周辺図>
計画地周辺図

■新ホテルの概要
計画地:兵庫県宝塚市栄町1-292-1ほか(地番)
敷地面積:約12,300m2
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
階数:地上5階地下1階
延床面積:約23,000m2
工事期間
敷地整備工事:2017年9月~2018年春(予定)
ホテル新築工事:2018年春~2020年春(予定) 2020年春開業(予定)
宝塚大劇場の駐車場は9月14日から劇場北側駐車場(整備中)に移転

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧