小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コープみらい/個食・即食商品強化、川越市の高階店リニューアル

コープみらいは10月26日、埼玉県川越市のコープ高階店をリニューアルオープンする。

<「魚屋の鮨」を導入>
「魚屋の鮨」を導入

コープみらいでは、組合員・消費者のニーズの変化に応えるため、リニューアル時においしさ、簡便・即食、健康などをテーマに、各店舗の売り場面積に応じた新たな商品の導入などを進めている。

コープ高階店は1998年にオープンした店舗で、今回のリニューアルでは、少人数世帯が多いエリアである特長を踏まえ、個食対応商品や簡便・即食商品を強化した売り場づくりを行う。

商圏人口は、1次商圏(1㎞)約2.6万人、2次商圏(1km~2㎞)約6.5万人で、合計約9.1万人としている。日商・年商計画は日商375万円、年商13.3億円を目指す。

農産では、平台を見やすい売り場に変更。カットフルーツは冷蔵ケース内の見せ方を工夫して販売
供給アップを図るほか、カットフルーツ・カット野菜は売場を拡大する。

また、グリーン・プログラム(有機JAS農産物)コーナーを設ける。水産では、築地市場や指定産地などから仕入れた水産ならではの原料を使用した「魚屋の鮨」を導入する。

畜産では、牛肉コーナーを充実させ、黒毛和牛をコーナー化し品揃えを拡大。国産米を飼料に配合して育てた「お米育ち豚」のコーナーを新設し、コープならではの商品として販売を強化する。

惣菜では、売場をベーカリーコーナーと連動させ、サラダステーションと一体化した冷惣菜コーナーや米飯平台を設けて、即食コーナーの確立を図る。

その他、日配では、商品の選びやすさを軸にケース配置を変更し、デザート類の品揃えも充実させる。

冷凍食品コーナーでは、リーチインケースを導入し、消費電力の削減を図る。菓子・食品ではおいしさにこだわった「コープクオリティ」の商品コーナーを新設する。日用雑貨コーナーでは、ペットフードを拡大して品揃えを強化する。

■コープ高階店 概要
住所:埼玉県川越市砂新田383-2
電話番号:049-240-3750
リニューアルオープンセール:10月26日~29日
営業時間:午前9時30分~午後11時(10月26日のみ午前9時オープン)
定休日:1月1日
日商/年商計画:日商375万円、年商13.3億円
従業員数:正規9人/パート・アルバイト49人(167時間/月で換算)
敷地面積:9521m2
売場面積:1279m2
駐車場/駐輪場:駐車場139台/駐輪場88台
商圏人口:1次商圏(1㎞)約2.6万人、2次商圏(1km~2㎞)約6.5万人、商圏人口合計約9.1万人

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧