小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

天王寺ミオ/大規模リニューアルで「食」充実、60ショップ刷新

店舗/2019年01月23日

天王寺SC開発は3月1日、大阪・JR天王寺駅直上の大型ショッピングセンター「天王寺ミオ」をリニューアルオープンする。

<「天王寺ミオ」をリニューアル>
「天王寺ミオ」をリニューアル

今回のリニューアルでは、天王寺ミオ本館・プラザ館の約370ショップの内、新規オープン・リニューアルオープンのショップを合わせて約60のショップが生まれ変わる。

ファッションビルの要素だけでなく、通勤、通学などの利用者が、さらに利用しやすく、「気軽に・毎日立ち寄りたくなるショッピングセンター」にパワーアップ。

昨年3月に誕生して以降、賑わいを見せるJR天王寺駅直上の食ゾーン「ミオえきッチン」がフロア全体に拡大する。

フロア全体をぐるりと回って楽しむ、「ミオえきッチン&LOOP」と名づけた。

<ミオえきッチン&LOOP>
ミオえきッチン&LOOP

中高生やファミリー向けの従来ゾーン「ミオえきッチン」に加え、男性、女性とも気軽にお酒を楽しめる新ゾーン「エキうえスタンド」を設けた。

新ゾーン「エキうえスタンド」は、立ち食い寿司の「牡蠣とワイン 立喰い すしまる」、日本酒発祥の地とされる奈良の「奈良豊澤酒造」直営の立ち呑み処「蔵元豊祝(くらもとほうしゅく)」が出店。

本格焼鳥と自家製ソーダ水を使用したサワーが楽しめる「焼鳥 ボトルバード」、肥後橋の立ち呑みの名店「わすれな草」や梅田屈指の行列店「酒場やまと」を展開するわすれな草グループが天王寺・阿倍野エリアに初出店する「酒処 つかさ」など、毎日、ちょっと飲んで帰りたくなる「スタンド」が誕生し、駅上(エキうえ)を盛り上げる。

「食」ゾーンだけでなく、「ファッション」ゾーンも合計約40ショップが生まれ変わる。

昨年「ビームス」が出店した本館1階にオープンする大人気ブランド「アーバンリサーチ」や天王寺・阿倍野エリア初出店の「パブリック トウキョウ」などメンズ&レディス取扱ショップがさらに充実する。

また、本館2階には関西初の「ポール&ジョー」のコンセプトショップや、天王寺・阿倍野エリア初出店のオーガニックコスメブランド「メイクアップキッチン」などのコスメブランド、ミオで人気のレディスショップも多数リニューアルする。

9階に、約1652m2の紀伊国屋書店がオープン。

話題の新刊から専門書まで幅広いジャンルの本が揃う。本だけでなく店内中央には、「大人の学び場」をコンセプトとした「コミュニティスペースby BOOKS KINOKUNIYA」を設け、書籍と関連したフェアやサイン会などのイベントに加え、ワークショップの体験型イベントも企画していく。

さらに、リニューアルに合わせ、天王寺ミオのポイントカード「ミオクラブカード」が、今まで500ポイント単位でショッピングチケットに引換えた上で、利用する仕組みだったが、3月1日からはレジ会計時に1ポイント(1円)から利用できる。

ミオクラブ「プレミアム会員」(年間20万円以上購入の会員)への早期ランクアップ制度もスタートする。

■リニューアルティザーサイト
https://www.tennoji-mio.co.jp/newrenew2019_3/

■天王寺ミオ
本館:大阪市天王寺区悲田院町10-39
プラザ館:大阪市天王寺区悲田院町10-48
店舗面積:約3万9000m2
TEL:06-6770-1000(MIOインフォメーションカウンター) 

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧